シス・カンパニー『近松心中物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シス・カンパニー

『近松心中物語』

  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年1月10日(水)〜2月18日(日)
会場 新国立劇場 中劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 『怪談牡丹燈籠』『今ひとたびの修羅』に続き、いのうえひでのり×シス・カンパニーの強力タッグがお届けする第3弾!
いよいよ蜷川幸雄氏演出舞台で名高い不朽の名作『近松心中物語』に、
劇団☆新感線のいのうえひでのりが新演出で挑む!
堤真一・宮沢りえ共演が彩る、燃え上がる男女の情念と究極の愛
今、“いのうえ美学”が、ここに新たな伝説を紡ぎ出す…
ストーリー 時は元禄。大坂新町と言えば、一夜の悦楽を追い求める男たちが集まる廓街。
そこに、小道具商傘屋の婿養子・与兵衛(池田成志)が、折り合いの悪い姑お今(銀粉蝶)に追い出され、ある廓に身を沈めていた。もともと気弱で、うだつのあがらない亭主だが、女房のお亀(小池栄子)にとっては、所帯をもってもなお、恋い焦がれる相手。行方知らずのダメ亭主を案じ悲しむ娘をみかねて、姑お今が自ら与兵衛を連れ戻しに新町にやってくる。
「二度とこの男を廓に近づけないでくれ」と周囲に念押ししながら、連れ戻される与兵衛。
そんな与兵衛とは対照的に、廓に縁のなかった飛脚屋亀屋の養子忠兵衛(堤真一)は、たまたま足を踏み入れた新町で、遊女・梅川(宮沢りえ)と偶然出会ってしまう。
何かに打たれたように、立ちすくみ無言で見つめ合う二人…。
その瞬間から、忠兵衛は憑りつかれたように梅川を追い求め、店の中へと消えて行く。
ある日、幼馴染の与兵衛のもとに、忠兵衛がやってくる。愛する梅川の見請け話が持ち上がっていて、養子の自分には自由になる金もなく、与兵衛に手付の金だけでも貸してくれと泣きついてきたのだった。同情した与兵衛は、なんと店の金箪笥をこじ開けて、そこにあった大金を忠兵衛に渡してしまう。
喜びいさんで新町に戻り、手付金を支払い安堵する忠兵衛と梅川だったが、運命は二人には微笑まず、更なる難題が…。そして、店の大金に手を付けたことで家を出た与兵衛と、それでも夫を慕い追いかける妻・お亀。 
<忠兵衛・梅川><与兵衛・お亀>の崖っぷちの男女二組の運命は…?
あてのない逃避行へと向かう二組の男女の情念の行く末は…?
スタッフ 作:秋元松代
演出:いのうえひでのり
美術:松井るみ
照明:原田保
音楽:岩代太郎
振付:尾上菊之丞
音響:山本能久
衣装:宮本宣子
ヘアメイク:河村陽子
舞台監督:芳谷研
プロデューサー:北村明子
企画・製作:シス・カンパニー
キャスト 堤真一
宮沢りえ
池田成志
小池栄子
市川猿弥
立石涼子
小野武彦
銀粉蝶 ほか
お問い合わせ シス・カンパニー
03-5423-5906
近松心中物語 特設サイト
平日11:00-19:00

入場料金

SS席10,500円/S席9,500円/A席7,000円/B席5,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9920
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:481-159
(11/13以降)

チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスで直接販売

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
ファミリーマート店舗(店内Famiポート)で直接販売

チケット販売サイトへ

ローソンチケット 初日特電:0570-084-638
(11/13以降)
0570-000-407 (11/13以降 オペレーター予約)

ローソン、ミニストップ店内 Loppiで直接販売

チケット販売サイトへ

その他プレイガイド情報 新国立劇場ボックスオフィスでの電話予約・web予約のお取り扱いはございません。
0570から始まる電話番号は、一部ご利用いただけない携帯電話、PHS、CATV接続電話、IP電話がございます。
転売目的の予約、購入は固くお断りいたします。
当日券情報 全ステージ開演1時間前より当日券を販売予定です。詳細はお問い合わせください。特設サイト・ツイッターでもご案内いたします。

公演日程

2018年1月10日(水) 〜 2月18日(日)

2018年1月

7 8 9 10
  •  
  •  
  • 18:30
11
  •  
  • 13:30
  •  
12
  •  
  •  
  • 18:30
13
  •  
  • 13:30
  • 18:30
14
  •  
  • 13:30
  •  
15
  • 休演
16
  •  
  • 13:30
  •  
17
  •  
  • 13:30
  • 18:30
18
  •  
  •  
  • 18:30
19
  •  
  •  
  • 18:30
20
  •  
  • 13:30
  • 18:30
21
  •  
  • 13:30
  •  
22
  • 休演
23
  •  
  • 13:30
  •  
24
  •  
  • 13:30
  • 18:30
25
  •  
  •  
  • 18:30
26
  •  
  •  
  • 18:30
27
  •  
  • 13:30
  • 18:30
28
  •  
  • 13:30
  •  
29
  • 休演
30
  •  
  • 13:30
  •  
31
  •  
  • 13:30★
  • 18:30★
     

2018年2月

        1
  •  
  •  
  • 18:30
2
  •  
  •  
  • 18:30
3
  •  
  • 13:30
  • 18:30
4
  •  
  • 13:30
  •  
5
  • 休演
6
  •  
  • 13:30
  •  
7
  •  
  • 13:30
  • 18:30
8
  •  
  •  
  • 18:30
9
  •  
  •  
  • 18:30
10
  •  
  • 13:30
  • 18:30
11
  •  
  • 13:30
  •  
12
  • 休演
13
  •  
  • 13:30
  •  
14
  •  
  • 13:30
  • 18:30
15
  •  
  •  
  • 18:30
16
  •  
  •  
  • 18:30
17
  •  
  • 13:30
  • 18:30
18
  •  
  • 13:30
  •  
19 20 21 22 23 24
小学生未満のお子様はご入場いただけません。
★印公演(1/31)は収録のため場内にカメラを設置いたします。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=45429

トラックバック一覧