航跡『令嬢ジュリー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

航跡

ZINGY ZAP Enterprises/航跡 共催

『令嬢ジュリー』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年11月7日(火)〜11月10日(金)
会場 プロト・シアター
〒169-0075  東京都新宿区高田馬場3-38-3
PR・解説 ストリンドベリの傑作戯曲「令嬢ジュリー」を松森望宏が演出。11月7日から10日まで東京、プロト・シアターにて、11月12日には鎌倉、長谷別邸にて上演します。

本作、「令嬢ジュリー」はスウェーデン人作家、ヨハン・アウグスト・ストリンドベリが1888年に発表した傑作戯曲。勝ち気で男勝りな伯爵令嬢ジュリーと召使ジァン、ジァンの許嫁であるクリスティンという3人の関係を描いた作品。日本国内でも人気があり度々上演されるこの戯曲を、今回はZINGY ZAP Enterprisesと、梶原航が主宰するユニット「航跡」の共催で、11月7日から東京はプロト・シアター、11月12日には鎌倉・長谷別邸にて上演します。出演は北澤小枝子、梶原航、anna。演出は松森望宏。
ストーリー 身分、生い立ち、憧れ、夢。「一瞬」の重さ…。
欲望を抱えた孤独たちは何処へ向かうのか。

誰もが浮かれる夏至祭の前夜。伯爵令嬢ジュリーは「今夜、身分の上下はない」と、召使ジァンをダンスに誘う。邸での立場や、許嫁であるクリスティンの存在を口実にいさめるジァンに対し、高慢で我儘なジュリーは“令嬢という身分と命令”で強引に相手をさせる。その言動は次第に誘惑へと変わってゆくが…
スタッフ 作:ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ
翻訳:毛利三彌
演出:松森望宏
舞台監督:奈良花美(劇団夢幻)
照明:小坂章人
音響:西川裕一(SYLIANRUE)
美術:西村有加
宣伝美術:小林寛子(航跡)
制作:航跡
主 催:ZINGY ZAP Enterprises/航跡
キャスト 北澤小枝子
梶原航
anna
お問い合わせ 航跡
info@kou-seki.net
kou-seki.net

チケット発売日

2017年10月7日(土)

入場料金

前売 一般3,500円/当日 一般3,700円/23歳以下2,000円(全席自由・税込)

※23歳以下:23歳以下限定/要証明提示
※未就学児の入場不可

チケット発売窓口

CoRich舞台芸術! 公演情報:http://stage.corich.jp/stage/87034

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演15分前より受付にて販売

公演日程

2017年11月7日(火) 〜 11月10日(金)


情報登録:航跡

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=45496

トラックバック一覧