2NKプロジェクト『1年目の「ハムレット」ステージド・リーディング』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

2NKプロジェクト

シアターカイ提携公演

『1年目の「ハムレット」ステージド・リーディング』〜2年がかりの『ハムレット』〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年10月30日(月)〜10月31日(火)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 シェイクスピア最後の戯曲『二人のいとこの貴公子』をオリジナル邦訳にて日本語初演、シェイクスピア原作『じゃじゃ馬馴らし』とその続編『じゃじゃ馬馴らしが馴らされて』を日本で初めて同時上演した2NKプロジェクトが、2年がかりで『ハムレット』の世界とシェイクスピアの言葉の魅力に迫ります。シェイクスピアの時代、『ハムレット』の悲劇は屋外劇場のグローブ座で夏の昼間に演じられ、人々はセリフに耳を傾けてイマジネーションを膨らませました。2NKプロジェクトは2年がかりの『ハムレット』の1年目として、シンプルな照明と舞台で演じるオリジナル翻訳を用いた『ハムレット』ステージド・リーディングでシェイクスピアの言葉の魅力に迫ります。作品テーマは<報復の鎖>。父のために報復を誓う3人の息子たち―王位をわがものにしようとする叔父に父であるデンマーク王を殺された王子ハムレット、ハムレットに父を殺されたレアティーズ、デンマークとの戦いで父の命と領土を奪われて名誉を懸けて領土奪還を誓うノルウェーの王子フォーテンブラス―を同じ俳優が演じ分け、『ハムレット』で描かれる<報復の鎖>のテーマに迫ります。
ストーリー <その王子は報復を誓った・・・> デンマークの若き王子ハムレットの前に先の国王である父の姿で現れた亡霊。叔父のクローディアスが王座をわがものにするために父を殺したのだと亡霊から聞かされたハムレットは密かに報復を誓う。しかし激情のあまり誤ってクローディアスの参謀ポローニアスを殺めてしまったハムレットは、ポローニアスの息子レアティーズから命を狙われることとなる。一方、隣国ノルウェーでは、デンマークとの戦いで父の命と領土を奪われた若きフォーテンブラス王子が、名誉を懸けて領土奪還を誓っていた。<報復は新たなる報復を、憎しみは新たなる憎しみを生み、愛する者たちの人生を狂わせて、その王国を滅亡へと導いていく・・・。そして、報復の鎖を断つために王子が選んだ結末とは―>
お問い合わせ オフィス樹
03-5337-8368
2NKプロジェクト WEB

チケット発売日

2006年10月2日(月)

入場料金

2,400円(全席自由・税込)

前売り料金

チケット発売窓口

2NKプロジェクト 03-5337-8368
チケット発売受付電話番号はオフィス樹

公演日程

2006年10月30日(月) 〜 10月31日(火)

上演時間 約3時間

2006年10月

29 30
  • 18:30
  •  
  •  
31
  • 18:30
  •  
  •  
       

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4550

トラックバック一覧