アムリタ『廃墟に佇む二編』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

アムリタ

冬の演習

『廃墟に佇む二編』

  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年12月2日(土)〜12月3日(日)
会場 BUoY 北千住アートセンター
〒120-0036 東京都足立区千住仲町49-11
PR・解説 アムリタ・冬の演習は「廃墟に佇む二編」と題し、北千住のBUoY で開催いたします。
吉田恭大による短歌連作を元にした「部屋の生活」についての新作上演と、奈良県でのレジデンスで制作された「家の記憶」についての映像上映です。
アフタートークではゲストに「いぬのせなか座」と詩人の山田亮太さんをお招きして、詩形と人称について、劇場内外でのパフォーマンスの可能性についてなどお話を伺います。

○アムリタについて
2012年、演出・荻原永璃を中心に活動を開始。古典戯曲から俳優の個人史まで様々なテキストを人称や配役に囚われず柔軟に再構成し、多様なイメージを結びつけ深化させる。屋外、古民家などイレギュラーな上演環境や多面客席を効果的に使用し、劇場の内外を問わず精力的に活動を続ける。
2014年、利賀演劇人コンクールで『楽屋』を演出し、奨励賞受賞。 近作に「みち・ひき」(2017 岐阜県美濃加茂市・早稲田どらま館ツアー上演)、「恋の死とその幽霊」(2016荻窪小劇場)など。
ストーリー 「6畳の白い部屋その床面にあなたは水平に横たわる」(上演・約20分)
演出●荻原永璃 出演●藤原未歩  ドラマトゥルク/テキスト●吉田恭大 撮影●和久井幸一
●吉田恭大による短歌連作「ト」(2016年 歌誌「Wintermarkt」寄稿)を元にしたパフォーマンス。
会場となるBUoYは元銭湯・ボウリング場の廃墟をリノベーションし、今年7月にオープンしました。
今回は2Fの元ボウリング場の空間を使い、都市詠・生活詠としての短歌の舞台化に挑戦します。

「から、へ、流れる」(映像上映・約45分) 奈良・町家の芸術祭 はならぁと2015 レジデンス作品
作・演出●荻原永璃 出演●大矢文、野村由貴、林ちゑ(無隣館)、諸江翔大郎(ARCHIVES PAY)
ドラマトゥルク●吉田恭大 撮影●和久井幸一
●奈良県南部、宇陀松山で空き家となっていた築百二十年以上の古民家「マルカツ」の中で、そこに暮らしていた人々の痕跡と、街道を行き交う人々の流れを演劇作品として上演しました。映像作家・和久井幸一の撮影による、土地と俳優たちの息遣いの感じられる映像を都内で初めて上映します。
スタッフ 演出●荻原永璃 ドラマトゥルク●吉田恭大 撮影●和久井幸一
キャスト 「6畳の白い部屋その床面にあなたは水平に横たわる」
出演●藤原未歩
「から、へ、流れる」
出演●大矢文、野村由貴、林ちゑ(無隣館)、諸江翔大郎(ARCHIVES PAY)
お問い合わせ アムリタ
090-4897-4859
amritasystem.pray@gmail.com
アムリタ

チケット発売日

2017年11月1日(水)

入場料金

一般1,500円/U18500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

アムリタ 090-4897-4859

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日1,500円
割引情報 U18・リピーター 500円

公演日程

2017年12月2日(土) 〜 12月3日(日)

2017年12月

          1 2
  • 20:00○
  •  
  •  
3
  • 13:00●
  • 18:00☆
  •  
4 5 6 7 8 9
アフタートーク
2日20時 ゲスト:いぬのせなか座
3日13時 ゲスト:山田亮太(TOLTA)
3日18時 アムリタ反省会

情報登録:アムリタ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=45529

トラックバック一覧