ひろしまオペラ・音楽推進委員会『細川俊夫作曲オペラ「班女」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ひろしまオペラ・音楽推進委員会

Hiroshima Happy New Ear Opera3

『細川俊夫作曲オペラ「班女」』

  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年1月27日(土)〜1月28日(日)
会場 JMSアステールプラザ
〒730-0812 広島県広島市中区加古町4-17
PR・解説 Hiroshima Happy New Ear(広島の新しい耳) オペラシリーズ第3弾!
2004年フランス、エクサン・プロヴァンス音楽祭で大野和士指揮による初演以来、世界各地で公演を続け、大きな成功を収めてきた細川俊夫のオペラ《班女》。5年ぶり2度目の広島公演は、オペラ演出家 岩田達宗の新演出による待望の新制作公演!

能「班女」の原作を、三島由紀夫が「能楽の自由な空間と時間の処理や精神的主題を現代に置き換え」二十世紀文学として現代化した「班女」(『近代能楽集』より)を、ドナルド・キーンが英語訳し、それを基に細川俊夫が一幕のオペラとして完成させた作品です。

愛する男を長く待ち、夢と現実、狂気と正気の境界線に生きる主人公花子の交錯した愛の世界を、細川俊夫の音楽が描きます。
ストーリー 扇を交換して再会を誓った吉雄を待ち焦がれ、狂女となった花子は、くる日もくる日も扇を手に駅で吉雄を待っている。
その花子のロマンスが新聞に掲載され、新聞を読んだ実子は、噂を聞きつけて吉雄が現れ、花子を失ってしまうのではないかと恐れる。しばらく世間から花子を隠そうとした実子は、花子を旅行へ誘うが、花子は拒否する。
新聞を読んだ吉雄が扇を手に実子の家を訪れる。実子は花子に逢わせまいと妨害するが、吉雄は強引に花子との再会を果たす。しかし、花子はその男は吉雄ではない、という。
スタッフ 音楽監督 細川俊夫
指揮 川瀬賢太郎
演出 岩田達宗

副指揮、マエストロ・ソスティトゥート 平野満
美術デザイン 増田寿子
衣裳デザイン 半田悦子
照明デザイン 稲田道則
舞台監督 菅原多敢弘
演出助手 唐谷裕子
キャスト 管弦楽 広島交響楽団

花子 半田美和子(27日)、柳清美(28日)
実子 福原寿美枝(27日)、藤井美雪(28日)
吉雄 山岸玲音(27日)、折河宏治(28日)
お問い合わせ ひろしまオペラ・音楽推進委員会
082-244-8000
naka-cs@cf.city.hiroshima.jp
公益財団法人 広島市文化財団 アステールプラザ

入場料金

S席4,500円/A席3,000円/車椅子席4,500円(税込)

車椅子席はJMSアステールプラザのみ取り扱い。

チケット発売窓口

ひろしまオペラ・音楽推進委員会(オンライン販売) 082-244-8000

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:339-555

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-006
Lコード:63113

チケット販売サイトへ

エディオン広島本店(サンモール内) 082-247-5111
福屋広島駅前店 082-568-2942
中国新聞社読者広報部 082-236-2455
JMSアステールプラザ 082-244-8000
当日券情報 前売券が売り切れた場合は当日券の販売はいたしません。

公演日程

2018年1月27日(土) 〜 1月28日(日)

上演時間 約1時間30分

2018年1月

21 22 23 24 25 26 27
  • 14:00○
  •  
  •  
28
  • 14:00○
  •  
  •  
29 30 31      

情報登録:ひろしまオペラ・音楽推進委員会

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=45606

トラックバック一覧