劇団め組『傀儡〜忘れ得ぬ面影の総司』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団め組

劇団め組 THE LAST 新撰組

『傀儡〜忘れ得ぬ面影の総司』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

土方さん、春が来たら、また会いましょう…

公演データ

公演期間 2006年11月1日(水)〜11月5日(日)
会場 「劇」小劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6
PR・解説  冬の蝦夷、土方歳三(藤原習作)は吹雪と共に現れた謎の青年(主演・新宮乙矢)との出逢いに、自らの波乱の人生を振り返り、死期が近い事を知る。今は亡き沖田総司を想わせる青年は果して雪の精か人間か、まぼろしか現実か――土方と近藤勇(酒井尊之)の命ずるまま傀儡(操り人形)のように人を斬り続けた総司の死、そして新撰組とは何であったのか。
「新撰組の最期」を合馬百香はその人間関係、心のやりとりと共に、雪女をイメージさせる幻想的な脚本で怪しの世界へ誘います。新宮の人形振り、雪の精とも島原の遊女ともつかぬ女たち、魅惑的な吹雪のシーンなどを見処に、与儀英一の演出で個性豊かな俳優たちがソウルフルに演じます。
ストーリー 土方歳三、人生最後の冬は蝦夷であった。北国の雪解けと共にその生涯が終わることを予言するかのように、土方の前に一人の青年が現れる。吹雪と共に現れた謎の青年は、土方と近藤勇に命ぜられるまま人を斬り続けた今は亡き沖田総司の面影を宿していた。雪の精か現実か、青年の紡ぎ出す怪しの世界に、土方は自らの波乱の人生を振り返ると共に、その死期が近いことを知る――
スタッフ 作=合馬百香/演出=与儀英一/舞台監督=渡邉秀樹/照明=布谷千代子/音響=浦崎貴(ワンダースリー)/大道具製作=(有)プランニング・アート/小道具=高津映画装飾(株)/宣伝写真=SAORI/宣伝=野村和代/製作=大澤智恵子
キャスト 新宮乙矢/藤原習作/酒井尊之/渡辺城太郎/菊川浩二/野村貴浩/土山壮也/竹下圭一郎/高橋佐織/八島未来/清水祐美子
お問い合わせ 劇団め組
0422-22-1567
megumifc@yogipro.co.jp
劇団め組

チケット発売日

2006年9月28日(木)

入場料金

4,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団め組 0422-22-1567

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:372-312

公演日程

2006年11月1日(水) 〜 11月5日(日)

2006年11月

      1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 15:00
  • 19:00
  •  
3
  • 13:00
  •  
  •  
4
  • 13:00
  • 17:00
  •  
5
  • 13:00
  • 17:00
  •  
6 7 8 9 10 11
※開場は開演の30分前となります。

次回公演 「鬼夜叉」  再演決定!
吉祥寺シアター
2007年3月30日(金)〜4月3日(火)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4567

トラックバック一覧