吉田アミ、か、大谷能生『どちらが先に口火を切ったのか、もうわからない。 Vol.6』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

吉田アミ、か、大谷能生

<SCOOL パフォーマンス・シリーズ2017 Vol.7>

『どちらが先に口火を切ったのか、もうわからない。 Vol.6』ゲスト:吉増剛造

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年2月3日(土)〜2月4日(日)
会場 SCOOL
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F
PR・解説 言葉、と、即興
文字、と、こえ
音楽、と、文学
吉田アミ、か、大谷能生
が送る前衛朗読イベント、
「どちらが先に口火を切ったのか、もうわからない。」
現代日本最大の詩人、吉増剛造を迎え
映像にrokapenis,ucnvを配し、
2017年度総決算のライブ・パフォーマンス2DAYS!

■大谷能生コメント
 この企画はそもそも2008年、新宿ピットインでおこなわれた吉増剛造・吉田アミ・大友良英のライブ・パフォーマンスをぼくが目撃し、大きな衝撃を受けたことからはじまっています。その時ぼくは批評家として舞台に呼ばれており、ライブ後に混乱したまま、「朗読に即興はない」的な発言をして、若干の物議をかもしました。

 それから十年。吉田アミとともに同じ主題に、今度は演奏者/作家として取り組み続け、そして、六〇年代からずっと日本の前衛音楽家たちとパフォーマンスを続けている詩人・吉増剛造氏とふたたび、ようやっと、共演者として舞台に立つ企画が実現することになりました。

 映像にrockapenis、ucnvという最強の二人を配し、「文字が読めなくなる/書けなくなる」という「ディスレクシア」症例を巡るオリジナル・テキストを使って、声・文字・言葉・映像・音楽の全感覚がぶつかって折り重なりあうライブ・ステージにご期待ください。

<SCOOL パフォーマンス・シリーズ2017 Vol.7>
吉田アミ、か、大谷能生
『どちらが先に口火を切ったのか、もうわからない。 Vol.6』
出演:吉増剛造、吉田アミ、大谷能生、rokapenis(映像)、ucnv(映像)
アフタートークゲスト:佐々木敦(3日)、郡淳一郎(4日)

日時:
2月3日(土)19:00
2月4日(日)14:00
※開場は開演の1時間前からになります。
会場:SCOOL
http://scool.jp/

チケット料金:予約3,000円 当日3,500円

『口火 vol.6』チケット予約ページ
http://scool.jp/event/20180203/

お問合せ:SCOOL info@scool.jp
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:シバイエンジン

吉田アミ、か、大谷能生 ウェブサイト
https://amiyoshio.tumblr.com/
ストーリー 吉田アミ、か、大谷能生
前衛文学/朗読ユニット。これまでに『人の道御三神といろはにブロガーズ』(笙野頼子)、『ドグラ・マグラ』(夢野久作)、『死んでいない者』(滝口悠生)、『ブルーシート』(飴屋法水)など、多くのテキストを朗読と即興演奏によってあらたに舞台化する。2015年のオリジナル作品『デジタル・ディスレクシア』では映像に斉藤洋平、俳優に岩渕貞太、衣装・出演に有本ゆみこ(SINA SUIEN)を迎え、文字/声の表現の立体化の可能性を追求した。

吉増剛造
1939 年東京に生まれ。現代日本を代表する詩人として半世紀に及び、現代詩の世界をリードする。多くの著作が海外翻訳される他、若い世代の表現者にも影響を与えている。
朗読パフォーマンス、パノラマカメラや多重露光を用いた写真表現、オブジェ、映像の制作に至るまで、多彩な創作活動を展開。近著に、詩集『怪物君』(みすず書房 2016)、『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』 ( 講談社現代新書 2016)など。また「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」(東京国立近代美術館 2016)「涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展」(足利市立美術館 2017)など美術館での企画展も開催されている。
「涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展」は2018年に沖縄県立博物館・美術館、渋谷区立松濤美術館への巡回も予定されている。

UCNV
プログラマー/アーティスト。
コンピュータ上で画像や映像を破損させるプログラムを開発し、それらを用いて作品制作やライブパフォーマンスを行う。
http://ucnv.org/

斉藤 洋平(rokapenis/VEJ)
VJ/映像作家。2000年よりrokapenisとしてVJを始める。大阪・東京のアンダーグランドシーンの重要イベントでVJを務める。world's end girlfriend /mouse on the keys/DEDEMOUSE/BLACK SMOKER RECORDSの専属VJ。テクノ/ロックから前衛音楽まで幅広くコラボレーションやセッションを行う。VJと平行して大量のミュージックビデオも作成し続ける。またダンスカンパニーBABY-Qの映像作家として数々の海外公演に参加。2010年より自らのイベントV.I.I.Mprojectも定期的に開催している。
お問い合わせ SCOOL
info@scool.jp
吉田アミ、か、大谷能生
その他
お問い合わせ
吉田アミ、か、大谷能生
amiyoshiored@gmail.com

チケット発売日

2017年12月25日(月)

入場料金

予約3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

当日券情報 当日券3500円

公演日程

2018年2月3日(土) 〜 2月4日(日)

2018年2月

        1 2 3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 14:00
  •  
  •  
5 6 7 8 9 10
※開場は開演の1時間前からになります。

情報登録:吉田アミ、か、大谷能生

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46090

トラックバック一覧