劇団青年座『砂塵のニケ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団青年座

劇団青年座第231回公演

『砂塵のニケ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年3月23日(金)〜3月31日(土)
会場 青年座劇場
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-53-12
PR・解説 1969年に開場した青年座劇場が、まもなく50年を迎えようとしている。
常に新しい創造の場であり続けた青年座劇場で、2018年3月まで演劇界注目の劇作家が書き下ろす新作を連続して上演する。

第4弾――演劇ユニットてがみ座の長田育恵氏が青年座に初登場。
ストーリー ある日、美術修復家の緒川理沙は、ある絵画の修復を手掛けることになった。
それはパリの風景を描いた一枚の絵。
夭逝した天才画家加賀谷直人が遺したものだ。
修復とは、時代を遡って過去の痕跡をたどり、創作の原点を明らかにすること。
理沙は、手掛かりとなるその景色を求めてパリへと飛び立つのだった――。

一枚の絵が「過去」と「現代」を結び、「親」と「子」をつなぐ。
親が子に託すもの、親から子が受け継ぐもの、そして未来に渡すもの…。
悠久の時の流れの中、二つの世代を旅しながら、
現代に生きる一人の女性が自らの存在理由を探る。
スタッフ 作=長田育恵
演出=宮田慶子
美術=伊藤雅子
照明=中川隆一
音響=高橋巖
衣裳=半田悦子
舞台監督=尾花真
製作=紫雲幸一、小笠原杏緒
キャスト 山野史人、横堀悦夫、綱島郷太郎、松川真也、久留飛雄己、増子倭文江、野々村のん、那須凜、清瀬ひかり
お問い合わせ 劇団青年座
03-5478-8571
hoshi@seinenza.com
劇団青年座

チケット発売日

2018年2月14日(水)

入場料金

一般4,500円/U25(25歳以下)3,000円/初日割引(3/23)3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団青年座 0120-291-481

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:483-930
ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:34514
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演45分前より劇場にて受付
割引情報 初日割引【一般4500円→3000円】

公演日程

2018年3月23日(金) 〜 3月31日(土)

上演時間 約2時間35分
(休15分)

2018年3月

18 19 20 21 22 23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26
  • 14:00※
  •  
  •  
27
  • 19:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00
  •  
30
  • 19:00
  •  
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
※3月26日(月)終演後、「劇作家リレートークVOL4」を開催。

情報登録:劇団青年座

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46185

トラックバック一覧