東京演劇集団風『異邦人』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇集団風

創立30周年記念第92回公演【レパートリー作品】

『異邦人』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年3月1日(木)〜3月5日(月)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都東京都中野区東中野1-2-4
PR・解説 白石圭司が演出を担い、若き時代感覚をもって、
不条理を見つめ、抗い、踏みとどまったカミュのまなざしに、
人間が生きることの自由と希望を問う。
カミュの遺族、ガリマール出版社の全面協力のもと、芸術監督 浅野佳成が小説からオリジナルの脚本を作成し、2012年に初演。今回、新たに脚本と演出を再考し、上演に向かいます。
ストーリー 「今日、ママンが死んだ……。」
養老院で亡くなった母の葬儀で、ムルソーは何の感情も示さなかった。
ムルソーは、“断る理由もなく”引き受けた手紙の代筆がきっかけとなり、友人のトラブルに巻き込まれて殺人を犯し、裁判にかけられる。法廷の場は、被告=当事者である自分を抜きにしたかのように進められ、事件とは無関係と思える出来事や行動のひとつひとつに意味が与えられ、罪へと結びつけられていく。
 「 お芝居をしないと、彼が暮らす社会では異邦人として扱われるよりほかにない。
  嘘をつくという意味は、無いことを言うだけでなく、あること以上のことを言ったり、
感じる以上のことを言ったりすることだ」(カミュ)。      
スタッフ 作:アルベール・カミュ
脚本:浅野佳成 演出:白石圭司 翻訳:窪田啓作(新潮文庫刊)/谷島貫太
作曲・音楽制作:バンジャマン・クルシエ
舞台美術:佐田剛久 照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮
演出助手:江原早哉香
協力:ガリマール出版社/サビーヌ・ペテルス(カトリーヌ・カミュ代理人)
著作権代理:株式会社フランス著作権事務所
企画協力:新潮社
キャスト 中村滋/緒方一則/栗山友彦
渋谷愛/坂牧明/酒井宗親 ほか
お問い合わせ 東京演劇集団風
03-3363-3261
info@kaze-net.org
東京演劇集団風

チケット発売日

2018年1月30日(火)

入場料金

前売3,800円/当日4,000円/学生3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

東京演劇集団風 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

当日券情報 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場にて整理券を配布します

公演日程

2018年3月1日(木) 〜 3月5日(月)

上演時間 約2時間

2018年3月

        1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4
  • 14:00
  •  
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6 7 8 9 10

情報登録:東京演劇集団風

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46348

トラックバック一覧