福島の民話を語る会『朗読劇「空の村号」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

福島の民話を語る会

ダキシメルオモイ2018石川巡回展

『朗読劇「空の村号」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年3月10日(土)
会場 金沢市民芸術村 アート工房
〒920-0046 石川県金沢市大和町1-1
PR・解説 福島の民話を語る会…2011年秋。石川県内の演劇人が集まり、震災をテーマにした演劇祭が開催された。春から議論を重ね、7団体(県内6団体+県外1団体)が震災を見つめた作品を作り上げた。この演劇祭をきっかけに、震災を機に避難してきた表現者と、石川県の表現者が出会い、「福島の民話を語る会」を結成。震災への強い想いを抱く演劇人やミュージシャンなどの表現者がどんどん加わり、震災を語り継ぐ作品の上演を続けている。

ダキシメルオモイ2018石川巡回展… 家族の抱きしめる姿にその想いをのせて描く画家小林憲明と石川県の作家・芸術家たちのコラボレーション。石川県内各地で巡回展・関連イベントを開催!
ストーリー 酪農家の長男・楠木空は、おバカで元気なフツーの小学5年生。原発事故にゆれる村で、空となかまたちは、映画を撮影することを決意する!タイトルは、「宇宙海賊船・空号の冒険!」震災と原発事故、そして全村避難。小学生が駆け抜けた東日本大震災の日々を、震災避難者と支援者が演じます。
スタッフ 脚本:篠原久美子(斎田喬戯曲賞受賞) 絵画「ダキシメルオモイ」出展: 小林憲明 志田弘子 HISA 村田瑞江 かるべめぐみ
キャスト 出演:福島の民話を語る会
   浅賀千鶴(劇団110SHOW) 義本真佐美 今野早苗 櫻田まさこ 佐藤公男 高森もも子 奈良井伸子(わらべうたとえんげきの広場はちみつ) 葉月(フリーアナウンサー) 若本久勝

演奏:村上佳子 白山佐良

チケット発売日

2018年2月1日(木)

入場料金

1,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

福島の民話を語る会 090-1886-6025
sorano.muragou@gmail.com
その他プレイガイド情報 金沢市民芸術村事務所 石川県立音楽堂 みんなで笑顔木のおうち
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2018年3月10日(土)

上演時間 1時間半
上演後、アフタートーク、展示作品を鑑賞できる時間あり。

2018年3月

4 5 6 7 8 9 10
  • 13:00○
  •  
  •  

情報登録:ダキシメルオモイ石川実行委員会

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46386

トラックバック一覧