いわたかproduce『サプ・ライズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

いわたかproduce

いわたかproduce#5

『サプ・ライズ』週末に向けてところにより、

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年11月10日(金)〜11月12日(日)
会場 てあとるらぽう
〒171-0051 東京都豊島区長崎5-1-32 日専連ビルB1F
PR・解説 会社や学校やら友達との輪の中で、
自分らしくある事は、案外むずかしい。
「今こんな事言ったら空気読めないヤツ?」
「自分の考えってそんなにフツーからズレてるかなぁ?」
そんな時は大概、相手に合わせて笑ってる。
だって、否定されたり拒絶されたら、イタいし、かなしい・・。
「あんたなんか、いらない。」って言われたみたいで。
だから合わせて「うん、うん。」
場は丸くなるし、みんなハッピー。
だけど。
世界でたったひとりの自分が、そこから消えてなくなる。
みんなと一緒にいるのに、全然違う世界へ弾き飛ばされたカンジ。
何が、違うんだろ?
ヘンなことを考えてても、ちょっと変わってても、
それが、ワタシ。
コレ現実。
まずは受け止めねば!
だって、偽った自分じゃなく、私は私のままで世界とつながりたい!
勇気のいることだけど、

だから自分への、Yes。


「自分らしくありながら、どう社会とかかわっていくか?」
この誰もが抱える命題を、「生と死」について思い悩む家族と、一人の女性を通して問い掛けた作品。
他者との関わり、つながり、そして自分が世界に存在する意義を見失いがちな現代に生きるすべての人に贈ります。
ストーリー 『男』の父が癌で、余命半年と宣告される。
生きる希望を見出して欲しいと、また、息子の将来・結婚を心配する父親に少しでも安心して欲しいとの思いから、同じ職場で働く『女』に「ニセの婚約者」を演じてもらうよう依頼する。
申し出を快く引き受けた『女』だったが、実はそれには深い理由が・・。
実家を訪れる二人。(ここから物語は始まります。)
スタッフ 作/演出=岩田能子/照明=芦辺靖(シンクロナイズ)/音響=田上篤志(atSound)/舞台監督=清沢伸也/舞台美術=竹元帰一/宣伝美術=内藤明子(office カシュカシュ)/制作協力=田上弘美/企画/製作=いわたかproduce
キャスト 山口景子(劇団扉座)/高市正行/山本聡司(劇団鹿殺し)/内田尋子/小川尚徳(ここかしこの風)/影山憲男/相馬佐江子/小笠原大(青☆組)
お問い合わせ いわたかproduce
090-2201-4869
iwa_takapro@yahoo.co.jp
いわたかproduce

チケット発売日

2006年9月23日(土・祝)

入場料金

2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

いわたかproduce 090-2201-4869

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:372-142

公演日程

2006年11月10日(金) 〜 11月12日(日)

上演時間 約1時間30分

2006年11月

5 6 7 8 9 10
  •  
  •  
  • 19:30
11
  •  
  • 14:00
  • 19:00
12
  •  
  • 14:00
  • 18:00
13 14 15 16 17 18

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4659

トラックバック一覧