パッチワークス×きよしこのよる『これまでとこれからのアラワレ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パッチワークス×きよしこのよる

パッチワークス×きよしこのよる 合同上演

『これまでとこれからのアラワレ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年3月24日(土)
会場 ギャラリー花ゆう
〒790-0005 愛媛県松山市花園町5-6 花正ビル2階
PR・解説 この公演は愛媛県を中心に活動する団体、パッチワークス(主宰:村山公一)と来年2019年本公演を予定している団体、きよしこのよる(代表:木邨明恵)による短編合同上演です。2017年香川/高知、そして2018年2月TPAM(横浜)で共に創作を行った2者、2団体が各土地、各表現者、舞台に触れ、

交流してきた「これまで」を踏まえた作品を創作し、そしてそれぞれの演劇創作における「これから」をお客様の前に表し、現し、顕すことが目的です。

多様性を描くパッチワークス、会話を希求するきよしこのよる、演劇の指向性・可能性を模索する2団体の上演により今後の活動指針を地域に提示します。
ストーリー 【パッチワークス】
「いまさらキスシーン」
作:中屋敷法仁(柿喰う客) 演出:村山公一 演出助手:山中晋介
出演:小野カフカ(劇団コバヤシライタ)
あらすじ:部活に勉強、そして恋愛!全力総力フルパワーな女子高生の国道疾走青春一人芝居!青春は正に光陰矢の如し、駆け抜ける30分の全力総力フルパワーな言葉の奔流!パッチワークス初の既成台本上演!​

【きよしこのよる】
「陽が照っている」
作・演出:木邨明恵 出演:川田秀徳
あらすじ:仕事に生活、そして思い出。男は毎日鍬をふるっている。この実が成れば、きみにお裾分けしようと思う。男は毎日鍬をふるっている。この作品は、或る友に向けて書いた4通の手紙である。
お問い合わせ パッチワークス
090-2828-7037
patch.works.mk@gmail.com
パッチワークス公式サイト

チケット発売日

2018年3月1日(木)

入場料金

一般・学生1,000円(全席自由・税込)

当日券は500円アップ

チケット発売窓口

パッチワークス 09028287037

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日券は500円アップ

公演日程

2018年3月24日(土)

2018年3月

18 19 20 21 22 23 24
  • 13:00◎
  • 16:00◎
  • 19:00◎

情報登録:パッチワークス

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46624

トラックバック一覧