劇団女体盛り『吐露』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団女体盛り

劇団女体盛り 第6回公演

『吐露』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年3月23日(金)〜3月27日(火)
会場 新宿眼科画廊
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11
PR・解説 自分と他人の価値観の差異、世の中に溢れている現代特有の問題を
時に面白おかしく、時に辛辣に訴えかける演出を特徴とする 劇団女体盛り。
演出家・菊池遥の描く奇々怪々とした世界観、
そして一度聞いたら忘れられない生理的嫌悪を煽る劇団名は
いま話題の若手劇団として小劇場界へと知れ渡ろうとしています。
当作品は劇団女体盛り史上初となる、舞台美術セットを一切組まない作品になります。
当劇団の演出の特徴の一つとして言えるのは、奇抜な舞台セットと大量の小道具です。
小道具を使用しては散らかしていくことで、
もともと完成された舞台美術が終演までにまた違う舞台へと進化させることが狙いでした。
しかし、当作品では舞台美術は一切組むことはありません。
新宿眼科画廊スペースOの目がくらむような白いスペース。
そのシンプルゆえにごまかしのきかない空間をどう活かすかが今回の試みとなります。
どうぞご期待ください!
ストーリー 「一体感ハンパない」
浮気が発覚し,大学で居場所を失った英は
渋谷の路上でパラパラを踊る集団のうたい文句に惹かれ,
他者との一体感を獲得すべく,チームの面接を受ける。
路上で踊ることに人生の喜びを見出す祥子,
彼女に理想の母親象を投影する自傷癖のある美香。
自己の存在について声高々に叫ぶ浮浪者を尻目に,
夜な夜な練習に打ち込む彼等だったが,
パラパラ大会の参加をめぐり,屈折した個々の一面を露呈していく。
渋谷の路上から,行き場のない生身の現代人の「居場所」を,
ユーロビートの高揚感にのせて描く成長物語。
スタッフ 作・演出|菊池 遥(劇団女体盛り)
照明|白井 美優(劇団女体盛り)
音響|高橋 未来(劇団女体盛り)
舞台監督|杉山 小夜
衣裳|牧野 つくし
演出助手・宣伝美術|小田川 千尋(劇団女体盛り)
制作|田中 亜実(劇団女体盛り)
企画製作|劇団女体盛り
キャスト 小野 涼平
サガラコウキ
林 愛子
牧野 つくし
お問い合わせ 劇団女体盛り 制作部
090-9235-5273
nyotaimori10@gmail.com
劇団女体盛りツイッター

入場料金

前売一般2,500円/前売U-252,300円/前売学生2,000円/当日一般2,700円/当日U-252,500円/当日学生2,200円(全席自由・税込)

※全席自由席、チケット発券順にて入場
※U-25・学生チケットは、受付にて年齢・身分が確認できるものをご提示ください
※未就学児入場不可

チケット発売窓口

劇団女体盛りチケット予約フォーム 090-9235-5273

チケット販売サイトへ

当日券情報 受付開始時と同時に劇場にて販売

公演日程

2018年3月23日(金) 〜 3月27日(火)

上演時間 1時間10分

2018年3月

18 19 20 21 22 23
  • 19:30
  •  
  •  
24
  • 13:00
  • 18:00
  •  
25
  • 13:00
  • 18:00
  •  
26
  • 14:00
  • 19:30
  •  
27
  • 14:00
  • 19:30
  •  
28 29 30 31
2018年3月23日(金)-3月27日(火)
(全9ステージ予定)

23日(金)|19:30
24日(土)|13:00/18:00
25日(日)|13:00/18:00
26日(月)|14:00/19:30
27日(火)|14:00/19:30

受付開始・開場は開演の30分前です。

情報登録:劇団女体盛り

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=46791

トラックバック一覧