金魚(鈴木ユキオ)『犬の静脈に嫉妬せず』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

金魚(鈴木ユキオ)

金魚(鈴木ユキオ)新作公演

『犬の静脈に嫉妬せず』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年12月11日(月)〜12月17日(日)
会場 こまばアゴラ劇場
〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13
PR・解説 沈黙とひびきあい、瞬きもせず、瞬間の時間は永遠のように、一瞬に焼きつく。(創作ノートより)

金魚(鈴木ユキオ)、待望の一年ぶりの新作――。
ストーリー 自身は、舞踏のイメージから逃れようと、舞踏ではない何かを掴もうとあがいてきたように思う。しかしながら、未だに、新しい方法論を確立させた訳ではない。
混沌とした迷宮に入り込んだまま、出口などではなく入り口に戻ってしまう事の繰り返し。否定、アンチ、することで乗り越えてきた歴史も、その方法論自体が成立しにくい時代である。「何でもあり」になってしまった。本当に「何でもあり」なのか。舞踏が生まれ30年後に出合った私の前には、多様化が進み、既にクラッシックとしての舞踏もあり、舞踏じたい乗り越えなければいけないのではないかという疑問がうかぶ。そして舞踊を否定することで乗り越えつつ、舞踊を舞踊することで乗り越えるのも試みになりうるはずだ。否定し逸脱していく事と、肯定した上で更に逸脱していく事は正対照であり、つまりイコールなのではないか。この相反するふたつの事は同時に成立しうるのだ。
鈴木ユキオ(振付・演出)
スタッフ 振付・演出=鈴木ユキオ/美術協力=岸本真寿美/音響=牛川紀政/照明=しもだめぐみ/舞台監督=呂師/宣伝美術=八ツ橋紀子/記録写真=須崎隆善
キャスト 横山良平/安次嶺菜緒/寺田未来/虚無/鈴木ユキオ
お問い合わせ 金魚制作部
090-5314-9281
king-yo@hotmail.co.jp
金魚(鈴木ユキオ)
財団法人東京都歴史文化財団平成18年度創造活動支援事業

チケット発売日

2006年10月1日(日)

入場料金

前売(一般)2,500円/前売(学生)2,000円/当日(一般)3,000円/当日(学生)2,500円/「スズの間」2,000円/「スズの間」+本公演4,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

金魚制作部 090-5314-9281

チケット販売サイトへ

JCDNダンスリザーブ http://www.jcdn.org/

公演日程

2006年12月11日(月) 〜 12月17日(日)

上演時間 約60分

2006年12月

10 11
  • 19:30★
  •  
  •  
12 13
  • 19:30
  •  
  •  
14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 19:30
  •  
  •  
16
  • 15:00
  • 19:30
  •  
17
  • 15:00
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23
★=プレイベント「スズの間」…鈴木ユキオの実験の場。今回は、岩下徹氏をお招きし、「犬の静脈に嫉妬せず」の空間で、即興舞台を試みます。
「スズの間」立合料2000円(本公演とのセット券4000円)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4712

トラックバック一覧