G-フォレスタ『乱歩の嘘』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

G-フォレスタ

『乱歩の嘘』

拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年7月13日(金)〜7月15日(日)
会場 神戸アートビレッジセンター(KAVC)
〒652-0811 兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14
PR・解説 『江戸川乱歩の作品の半数は、乱歩の弟の手によるものである』、そんな衝撃的な文言を、乱歩の次弟と交流のあったある古本蒐集家が残しています。江戸川乱歩名義の横溝正史作品が何作か残っていることは、もともと知っていたのですが、それにしても「半数」とは?あまりのゴシップ的発言に、つい興味を掻き立てられて、面白半分で調べてみると・・・

記録魔として有名な乱歩が、何故か、その記録に家族の記載が少ないこと。こと兄弟については、避けられているかのように、極めて少なく感じられること。しかも弟の一人は、通俗(エロ)小説まで出版している人物で・・・なんだか人物像にもその人生にも一癖も二癖もあって、乱歩より「興味深い」人物に思えてきたのです。この人が、乱歩作品の半数を書いた?なんて思い巡らしはじめると、やがて、ひとつの物語ができあがりました。

G-フォレスタの人気シリーズ、洋館ミステリ劇場で培ってきた昭和初期「探偵小説」テイストをフル活用した「乱歩の嘘」、ぜひ、うつし世のゆめ、に惑わされにお越しください。
ストーリー 父の死がきっかけとなり、作家専業を決意した平井太郎=江戸川乱歩。
デビュー時の短編小説はすこぶる評判が良く、順風満帆かと思いきや…。
意欲的に次は長編探偵小説の執筆に挑んだが、ことごとく途絶し完結まで書き上げることができない。初めてのスランプに苦しむ乱歩は、失意のうちに筆を折り、ふらふらと放浪の旅に明け暮れてしまう。
そんな乱歩のもとに、大きな仕事の依頼が届く。編集者の横溝はなんとか乱歩に書かせようとするのだが、自信を失った彼はなかなか書こうとはしない。そんな兄・乱歩の陰で、密かに作家への憧れを募らせていた次弟の通は、乱歩に相談なく『江戸川乱歩』の名前でその依頼を引き受けてしまうのだったー!?
セミドキュメンタリータッチで描く、平井家の人びとの、愛と疑惑の物語。
スタッフ 舞台監督:久保克司 ((株)スタッフステーション)
照明:溝渕 功 (campana)
音響:Motoki Shinomy (SAWCRNT & commondays)
舞台美術:久太郎(Anahaim Factory)
衣装:山口明子    舞台撮影:佐伯亜由美
ヘアメイク:中村和似(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)・多田頌子
受付:なつみあや ほか
宣伝写真:滝澤めぐみ
宣伝美術:スギモトヒロコ
制作:守家由美 森 優子 中佐和葉
企画・制作:G-フォレスタ
​提携:神戸アートビレッジセンター (指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)
キャスト 生田克正 山崎修一 田中幸彦 もりかゆみ 杉本ヒロ子 森 優子 中佐和葉
倉増哲州(南森町グラスホッパーズ) 谷屋俊輔(ステージタイガー) 沼田俊也((株)キャラ)
お問い合わせ G-フォレスタ
06-6422-3488
G-フォレスタHP

チケット発売日

2018年5月13日(日)

入場料金

3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

シバイエンジン

チケット販売サイトへ

公演日程

2018年7月13日(金) 〜 7月15日(日)

2018年7月

8 9 10 11 12 13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 13:00
  • 17:00
  •  
15
  • 13:00
  • 17:00
  •  
16 17 18 19 20 21

情報登録:G-フォレスタ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=47221

トラックバック一覧