『NARUTO−ナルト−』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新作歌舞伎

『NARUTO−ナルト−』

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年8月4日(土)〜8月27日(月)
会場 新橋演舞場
〒104-0061  東京都中央区銀座6-18-2
PR・解説 累計1億4千万部、世界的大ヒットマンガ『NARUTO-ナルト-』
この夏、いよいよ新作歌舞伎として上演!

◆『NARUTO-ナルト-』とは
忍者の里である“木ノ葉隠れの里”に育った落ちこぼれ忍者・うずまきナルトの成長を描いたバトルアクション物語。様々な伝承などに材を得た独自の世界観で、日本のみならず海外にも多くのファンを持っています。国内ではシリーズ累計1億4千万部、また40以上の国と地域で流通。海外でのコミックス累計発行部数は9500万部以上を誇ります。

今作では、ライバル“うちはサスケ”との友情や、ナルトに秘められた父母の慈愛などを描き、共感・感動できる新作歌舞伎として上演いたします。歌舞伎独自の演出方法と最新映像の融合など、新感覚の歌舞伎として新たな境地を開拓します!

◆坂東巳之助×中村隼人の競演!市川猿之助・片岡愛之助が最強の敵に!
うずまきナルトとうちはサスケを勤めるのは坂東巳之助と中村隼人。古典歌舞伎のみならず、人気舞台・スーパー歌舞伎II『ワンピース』(2015,16年初演、17,18年再演)での活躍が注目され歌舞伎の枠を超えて演劇ファンからも、大きな支持を得ているこの二人に加え、世界を揺るがす強大な敵として、ナルトとサスケに立ちはだかる“うちはマダラ”を、市川猿之助と片岡愛之助が交互に演じるという類を見ない豪華キャストが実現します!

◆G2の脚本・演出!和楽器バンドによる楽曲提供!
脚本・演出は、数々の話題作を手掛け、新作歌舞伎『東雲烏恋真似琴』で大谷竹次郎奨励賞を受賞し、『嵐が丘』や『ガラスの仮面』の舞台化など、上演が難しい長編作品をその巧みな構成と演出力により成功させたG2。また、今回和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド「和楽器バンド」の楽曲提供が決定しました。新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』が織りなす世界との化学反応に御期待下さい。
ストーリー かつて忍五大国の一つである火の国に、謎の仮面の男が操る九尾(きゅうび)という巨大な狐の化け物が現れ、国に禍をもたらした。国を守る忍びの里である木ノ葉隠れの里長、四代目火影とその妻は、自らの命と引き換えに九尾(きゅうび)の化け物を幼い息子の腹中に封印した。その息子の名前はうずまきナルト(坂東巳之助)。

十数年後、ナルトは忍者養成学校であるアカデミーに通い、一人前の忍者を目指していたが問題児の落ちこぼれだった。また里を襲った九尾(きゅうび)が封印されていることで周囲の人々から嫌われていたこともあり、幼い頃からいつも孤独だった。さまざまな試練を乗り越えてアカデミーを卒業したナルトは、うちはサスケ(中村隼人)、春野サクラ(中村梅丸)と共に、はたけカカシ(嘉島典俊)率いる第七班に配属され、木ノ葉隠れの里の忍者として任務を遂行することになる。

ナルトは里のみんなから認められる存在になることを目指して努力していたが、常に自分より先を行くサスケに対してライバル心を持っていた。だが同時にサスケがもつ影に対してどこか共感するような思いも持っており、友情を感じていた。

いっぽうサスケは、幼い頃に両親を含む一族全員が実の兄・うちはイタチ(市瀬秀和)の手によって殺されるという暗い過去を持っていた。サスケは他人に心を閉ざし、里を抜けた兄を自分の手で殺すことをただ一つの目標とし、誰よりも強くなろうとしているのだった。

ナルトたちは数々の試練に立ち向かい、やがてナルトの師匠となる自来也(市川猿弥)、五代目として火影を継ぐことになる綱手(市川笑也)との出会い、抜け忍として木の葉隠れを狙う大蛇丸(市川笑三郎)との争いを経て、世界を揺るがす強大な敵、うちはマダラ(市川猿之助・片岡愛之助)を倒すためにナルトの戦いが始まるのだった。
スタッフ 原作 岸本斉史
脚本・演出 G2
キャスト 坂東 巳之助
中村 隼 人
市川 笑 也
市川 笑三郎
中村 梅 丸
市瀬 秀 和
嘉島 典 俊
市川 猿 弥
市川 猿之助(交互出演)
片岡 愛之助(交互出演)
お問い合わせ 新作歌舞伎『NARUTO−ナルト−』公式サイト

チケット発売日

2018年6月23日(土)

入場料金

一等席14,500円/二等A席8,500円/二等B席5,000円/三階A席5,000円/三階B席3,000円/桟敷席15,500円(税込)

※3歳以下入場不可

チケット発売窓口

チケットホン松竹 0570-000-489(10:00-18:00)
または03-6745-0888
※窓口販売・お引取りは、6月25日(月)10:00-
※窓口販売用別枠でのお取置きはございません。
※チケットホン松竹では当日券はご予約いただけません。
チケットWeb松竹 ※パソコン、スマートフォン、携帯より24時間受付。販売初日は10:00-
※チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 03-3545-2200(10:00-18:00)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ 0570-02-9999
【Pコード:486-429】

チケット販売サイトへ

ローソンチケット 0570-084-003
【Lコード:37010】

チケット販売サイトへ

イープラス

チケット販売サイトへ

CNプレイガイド 0570-08-9999
(10:00-18:00)

チケット販売サイトへ

団体観劇(20名以上)のお申込み・お問合せは03-3541-2111(販売課)

公演日程

2018年8月4日(土) 〜 8月27日(月)

2018年8月

      1 2 3 4
  •  
  • 16:30●
  •  
5
  • 11:00○
  • 16:30○
  •  
6
  • 11:00○
  •  
  •  
7
  • 11:00○
  • 16:30○
  •  
8
  • 11:00○
  • 16:30○
  •  
9
  •  
  • 16:30●
  •  
10
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
11
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
12
  • 11:00○
  •  
  •  
13
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
14
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
15
  • 休演
16
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
17
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
18
  • 11:00○
  •  
  •  
19
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
20
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
21
  •  
  • 16:30●
  •  
22
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
23
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
24
  •  
  • 16:30●
  •  
25
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
26
  • 11:00○
  • 16:30●
  •  
27
  • 11:00○
  •  
  •  
28 29 30 31  
うちはマダラ=●市川猿之助 ○片岡愛之助

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=47303

トラックバック一覧