弾丸MAMAER『節穴に、ふたつのみだら』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

『節穴に、ふたつのみだら』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年11月8日(水)〜11月12日(日)
会場 シアターVアカサカ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-9
PR・解説 今回の弾丸は、過去3作の昭和ものを経て、いよいよ大正時代
の物語。場所は東京京橋あたりの、ある洋風住宅の一室。久々
の密室劇であるのに重ね、初のサスペンス仕立てである。主宰
・竹重氏はこう語る。「今回はさほど堅いものではなく、大正
にふさわしく、眠れる獅子の如く小さく激しい物語にしたい。

ストーリーがなかなか定まらず、構成やキャスティングを何度
も練り直したというこの怒涛の作品、果たして御客様にはどう
届くのであろうか。どう濡れるのであろうか。
ストーリー 新興明治と激動昭和の狭間、華やかな文化が花咲いた、小さな
時代。
かつて脚光を浴びた美人画家・蕗屋伯太郎は、婦人運動に傾倒
する内縁の妻・松江と不仲にあり、静子という顔も知らぬ人妻
との文通に身をを焦がしていた。そして自分が描けなくなった
本当の理由、隠された性癖とその苦悩を、恋慕する静子にだけ
打ち明けては甘美な世界に陶酔する日々であった。
しかしある時、モデル・百合乃の出現により、松江の「本性」
を告げられた伯太郎は、被害妄想に支配されるとやがて殺意を
抱きはじめていく。
乱舞する自由恋愛と理想主義が描く、大きな誤解と悲しき狂気
の構図
「見れない男」と「言えない女」が彩る、大正サスペンス浪漫
スタッフ 作・演出=竹重洋平
キャスト 滝上裕二/川根有子/中村哲人/山口晶由/たかくら未奈/上海菜都子/田仲晶/河合伸之/大田正裕/染谷恵子/高橋カオリ/水橋千佳子/宮下千恵/西村剣/安藤純(有)J-beans)/小林広実(有)J-beans)/宮下真(captainchimpanzee)/日向宏之(吉江企画)
お問い合わせ 劇団(制作・片岡)
080-5377-7789
dangan.mamaer55@yahoo.co.jp
弾丸MAMAER

入場料金

前売3,500円/当日3,800円/グループ割引3,200円(全席指定・税込)

※グループ割引…3名様以上で、1名様¥3200.。(劇団扱いのみ)

チケット発売窓口

劇団 (制作・片岡) 80-5377-7789
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:372-435
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:34351
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年11月8日(水) 〜 11月12日(日)

2006年11月

5 6 7 8
  •  
  •  
  • 19:00
9
  •  
  • 14:00
  • 19:00
10
  •  
  •  
  • 19:00
11
  •  
  • 14:00
  • 19:00
12
  •  
  • 13:00
  • 17:00
13 14 15 16 17 18
※開場は開演の30分前です。受付は開演の1時間前です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4736

トラックバック一覧