劇団ピュアーマリー『メーテルリンク作「青い鳥」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ピュアーマリー

オリジナルミュージカル

『メーテルリンク作「青い鳥」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年8月3日(金)〜8月5日(日)
会場 全労済ホール/スペース・ゼロ
〒151-0053  東京都渋谷区代々木2-12-10 全労済会館B1
PR・解説 ノーベル文学賞受賞作家、メーテルリンクの『青い鳥』は、物事の本質を見据えた哲学的寓話、普遍のメッセージが随所に散りばめられた珠玉の名作です。

脚本形式で書かれたこの壮大な小説は、1908年、スタニスラフスキーの演出によりモスクワ芸術座で初演されましたが、この度、新進気鋭の天才音楽家、はらかなこの楽曲にのせて映像を用い想像力を掻き立てる演出で、テーマである人間の「生と死」「運命」「幸福」を描き、シンプルで純度の高いミュージカルとなりました。美しいテーマ曲「青い鳥はどこ?」が、「生きていることの尊さ、平和であることの豊かさ」を感じさせる珠玉の舞台です。
ストーリー ◇あらすじ
クリスマスイヴ、貧しい木こりの子、兄のチルチルと妹ミチルの部屋に妖婆がやってきて、「病気の娘のために青い鳥を探しに行っておくれ」と言う。過去や未来に行かれる不思議な帽子をもらった二人は、光、犬、猫、パン、ミルク、砂糖、花、水、火、スプーン、ナイフの精たちと、「青い鳥」を探す旅に出る。『想い出の国』『夜の宮殿』『森』『幸福の国』『未来の国』、いろいろなところを訪れ、様々な経験をした二人は、果たして青い鳥を捕まえて帰ることができるのでしょうか――?
お問い合わせ ピュアーマリー
03-3714-5004
puremarry@ozzio.jp
ピュアーマリー
全労済ホール/スペース・ゼロ
03-3375-8741

チケット発売日

2018年6月15日(金)

入場料金

一般5,800円(全席指定・税込)

□イープラスでの車椅子席のお取扱いはございません
「ピュア―マリー取扱い」にてお買い求めください。

チケット発売窓口

ピュアーマリー 03-3714-5004

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

スペース・ゼロチケットデスク

チケット販売サイトへ

Ro-onチケット  047-365-9960
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:487-266

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:34911

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて受付

公演日程

2018年8月3日(金) 〜 8月5日(日)

上演時間 約2時間
(休15分)

2018年8月

      1 2 3
  • 14:30
  • 18:30
  •  
4
  • 12:30
  • 16:30
  •  
5
  • 12:30
  • 16:30
  •  
6 7 8 9 10 11
<8月3日 (金)>14:30 A桜
チルチル:山本芳樹 / ミチル:細谷枝里佳 /
ベリリューヌ:桜花昇ぼる

<8月3日 (金)>18:30 B桜
チルチル:笠倉幸弥 / ミチル:中村花澄 /
ベリリューヌ:桜花昇ぼる

<8月4日 (土)>12:30 C1桜
チルチル:大日方奏緩 / ミチル:池澤香帆 /
ベリリューヌ:桜花昇ぼる

<8月4日 (土)>16:30 C2紫
チルチル:永井結海 / ミチル:池澤香帆 /
ベリリューヌ:紫城るい

<8月5日 (日)>12:30 B紫
チルチル:笠倉幸弥 / ミチル:中村花澄 /
ベリリューヌ:紫城るい

<8月5日 (日)>16:30 A紫
チルチル:山本芳樹 / ミチル:細谷枝里佳 /
ベリリューヌ:紫城るい

※開場時間は各回の30分前
※3歳以下の入場はご遠慮ください。

情報登録:ピュアーマリー

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=47758

トラックバック一覧