文学座『女の一生』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

文学座

文学座公演

『女の一生』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

明治、大正、昭和という三つの時代をひたむきに生き抜いた一人の女の一生。時代を超えて愛され続けてきた『女の一生』にご期待下さい。

公演データ

公演期間 2018年10月23日(火)〜10月28日(日)
会場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説  ”誰がが選んでくれたのでもない、自分で選んで歩き出した道ですもの。間違いだと分かったら間違いでないようにしなくちゃ。”このセリフで有名な『女の一生』は1945年4月太平洋戦争の東京大空襲のさなか、「自分たちは(戦争によっていつ死ぬかもしれない)だからこそ、この舞台を上演したい」という文学座の先人達の強い想いによって初日の幕を開けました。敗戦の絶望の中から立ち上がり始めた日本人に愛され支持され、杉村春子主演により947回もの上演を重ねました。〈布引けい〉役は杉村春子から平淑恵へと引き継がれ、終戦から70年目には演出家・鵜山仁が「戦争に翻弄される人間のドラマ」としてこの作品に新たな息吹を吹き込みました。2016年、杉村春子に憧れて文学座を志した山本郁子が〈布引けい〉を引き継ぎ、この秋、新たなキャストを迎え再びこの作品に挑みます。明治、大正、昭和という三つの時代をひたむきに生き抜いた一人の女の一生。時代を超えて愛され続けてきた『女の一生』にご期待下さい。
ストーリー 1945年、焦土と化した東京。一面の焼け野原に独りたたずむ女がいる。その女は二つの大戦を経る激動の時代を生き、激しさの中に哀しみを湛える。名は布引けいという。明治38年(1905年)、日本がようやく近代的な資本主義国家となり始めた頃、天涯孤独の境涯にあった<布引けい>は、不思議な縁から堤家に拾われる。清国との貿易で一家を成した堤家は、その当主もすでになく、息子たちはまだ若く、<しず>が弟章介とともに困難な時代を生きていた。やがて<けい>は、その闊達な気性を見込まれ、長男伸太郎の妻となる。次男栄二に寄せた思慕は断ち切られ、<けい>は正真正銘、堤家の人となる。やがて時は流れて…。
スタッフ 作/森本薫 補訂・演出/戌井市郎による 演出/鵜山 仁 装置/中嶋正留 照明/古川幸夫 音響/秦 大介 衣裳/中村洋一 舞台監督/黒木 仁 演出助手/稲葉賀恵 制作/友谷達之、最首志麻子、白田聡
キャスト 赤司まり子、山本郁子、松山愛佳、前東美菜子、中原三桜里、松本祐華、石川 武、大滝 寛、今村俊一、鈴木弘秋、上川路啓志、上野璃子(子役、交互出演)、福田真央(子役、交互出演)
お問い合わせ 文学座
03-3351-7265 / 0120-481034
info@bungakuza.com
文学座ホームページ
お問い合わせ 03-3351-7265(10:00〜18:00 日祝除く)
チケット専用 0120-481034(10:00〜17:30 日祝除く)

チケット発売日

2018年9月25日(火)

入場料金

一般6,000円/夜割(10月23日)4,000円/夫婦割 ※110,000円/ユースチケット(25歳以下)※23,800円/中高校生 ※32,500円(全席指定・税込)

※1・2・3のチケットは文学座のみのお取扱いとなります。
※2…25歳以下の方が対象となります。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。
※3…中・高校生の方は生徒証などをご持参下さい。
* 未就学児の入場はご遠慮下さい。 
* 車イスでご来場のお客様は必ず観劇前日までに購入席番を文学座までお知らせ下さい。

チケット発売窓口

文学座 03-3351-7265
チケット専用電話 0120‐481034(10:00〜17:30 日祝除く)
文学座HPはGettiiチケットより

チケット販売サイトへ

 
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:486-441
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

キノチケットカウンター 店頭販売 紀伊國屋書店新宿本店5F[10:00〜18:30]

チケット販売サイトへ

当日券情報 前売りが完売の場合は当日券なし。開演の1時間前より劇場受付にて販売。

公演日程

2018年10月23日(火) 〜 10月28日(日)

上演時間 約2時間45分
(休15分)

2018年10月

21 22 23
  • 18:30●
  •  
  •  
24
  • 13:30
  •  
  •  
25
  • 13:30★
  •  
  •  
26
  • 13:30
  • 18:30
  •  
27
  • 13:30
  •  
  •  
28
  • 13:30
  •  
  •  
29 30 31      
●印 夜割  ★印 終演後アフタートークあり

情報登録:文学座

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=47928

トラックバック一覧