グループる・ばる『蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

グループる・ばる

vol.24 さよなら身終い公演

『蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜』

  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年9月13日(木)〜9月23日(日・祝)
会場 東京芸術劇場 シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
PR・解説 『倚りかからず』『自分の感受性くらい』など多くの清冽な詩で知られる茨木のり子。
「現代詩の長女」と呼ばれ戦後の女流詩人の先頭に立ってきた彼女には、隠された素顔があった。
終戦。結婚。そして別れ…。
遺された1冊の詩集をめぐる物語。
ストーリー 詩人・茨木のり子が亡くなってから4か月後のある日。
主を失った家に、甥と編集者らが未発表の遺作を探しにやってくる。
だが部屋の中にはその様子を見守る先客がいた。
3人の「のりこ」と、管理人を名乗る「タモツ」。
異なる時空が幾重にも重なり「茨木のり子」の言葉と人生がよみがえる。
終戦。 結婚。 そして別れ…。 遺された1冊の詩集をめぐる物語。

「戦後社会の在り様を見詰めた女性詩人の魂と生きた時代を多面的に描き出し、戦後から今につながる時代の空気を感じさせてくれた」と高い評価を得て、第19回鶴屋南北戯曲賞を受賞。グループる・ばる最終公演として待望の再演!
スタッフ 作:長田育恵(てがみ座) 演出:マキノノゾミ 美術:奥村泰彦 照明:稲葉直人(ASG) 音響:内藤博司(ショウビズスタジオ) 衣裳:三大寺志保美 舞台監督:内藤正広 演出助手:大野裕明(花組芝居) プロンプター:伊藤桃花 イラストレーション:荒井良二 宣伝写真:沖 美帆 宣伝美術:鈴木 勝(FORM) 制作:有本佳子(プリエール) 林 弥生 和田幸子(プリエール)
キャスト 松金よね子・岡本 麗・田岡美也子
木野 花・小林 隆・小嶋尚樹・古屋隆太(青年団)
お問い合わせ プリエール
03-5942-9025
グループる・ばる

チケット発売日

2018年8月1日(水)

入場料金

[前売]一般4,500円/[前売]25歳以下3,000円/[当日]一般4,700円/[当日]25歳以下3,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

プリエール 03-5942-9025
電話受付 平日11〜18時

チケット販売サイトへ

東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296
電話受付 休館日を除く10〜19時

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:486-146

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
Lコード:32787

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場受付にて販売

公演日程

2018年9月13日(木) 〜 9月23日(日・祝)

2018年9月

9 10 11 12 13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00☆
  •  
16
  • 14:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18
  • 19:00☆
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24 25 26 27 28 29
☆=終演後、出演者によるアフタートークあり

情報登録:株式会社プリエール

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=48064

トラックバック一覧