絵本工房『太陽のらくがき』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

絵本工房

『太陽のらくがき』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年12月2日(土)〜12月3日(日)
会場 アトリエフォンテーヌ
〒106-0032 東京都港区六本木5-13-13
PR・解説  動のパフォーマー井上真鳳の肉体が描く無対象な世界と、静のパフォーマーnamyanの声が奏でる心の変化・・・
 パントマイム・ダンス・芝居の様々な要素を使い、体の隅々で表現する。井上真鳳の一人芝居ではあるが、ミュージシャンnamyanの持つ暖かみのあるアコースティックなサウンドが、登場人物の心情変化を歌い上げる。

 一方、世界観を支えるのは映画学校出身の作家オオミチユウコ。
 マイム・芝居・唄にのせて物語を描き出す絵本工房独自のスタイルを言葉の分野で支えている。

 今回はある田舎町のペンキ屋の話。
その町でおこることを、主人公のペンキ屋を中心に多数のキャラクターとその心情、情景を、道具セットを使わずに少ないセリフと唄と音楽と肉体で表現する。

 シンプルで分かりやすいストーリーでちょっとアート?それが絵本工房です。
ストーリー ー山を越えるとそこは海ー
生まれ育った小さな町でペンキ屋をはじめた青年が
たくさんの願いを叶えるうちにふと出会った懐かしい記憶

想い・言葉・夢の連鎖・・
塗りかさねた色のしたから
いま見えてきたもの。

歩き続けた主人公が足をとめたとき
最後に主人公の目にうつったものは?
スタッフ 企画・構成=井上真鳳/ストーリー=オオミチユウコ/音楽=namyan/衣装=有島由生/照明=増子顕一/音響=二木くみこ/映像=浜谷英輝/デザイン=松浦智宏/制作・広報=池田有希
キャスト 井上真鳳(マイムアクター)/namyan(ミュージシャン)
お問い合わせ 絵本工房
090-5318-3300
ehon-kobo@mail.goo.ne.jp
絵本工房ホームページ

チケット発売日

2006年10月16日(月)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

ただし、シアターガイドを持参の方には、当日でも前売料金。

チケット発売窓口

絵本工房 090-5318-3300
mail: ehon-kobo@mail.goo.ne.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年12月2日(土) 〜 12月3日(日)

2006年12月

          1 2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  • 18:00
  •  
4 5 6 7 8 9

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4809

トラックバック一覧