ものづくり計画『夜を、徘徊。』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ものづくり計画

映画監督 勝又悠 初舞台作品

『夜を、徘徊。』25歳、どうやら、この夜は明けない

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年10月10日(水)〜10月14日(日)
会場 萬劇場
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-32-22
PR・解説 舞台「希望のホシ」シリーズや「河童村ブルース」など、多くのお客様に好評いただいたものづくり計画が、
数々の映画祭に招聘された映画監督 勝又悠の新作書き下ろし舞台作品を上演します。
出演には(Eテレ)「ワンワンわんだーらんど」でおなじみの恵畑ゆうが参戦。
挑むのは互いの友情を探り合う女たちの人間ドラマ。
勝又悠とものづくり計画の新たな挑戦にご期待ください。
ストーリー 8月16日。
瑛里華、夏海、結衣、凪の四人は、
来週に控えた同級生・美波の結婚式の余興の打ち合わせのため
故郷・熱海の居酒屋に集まった。

全員が顔をあわせるのは実に成人式以来だ。

瑛里華は東京でOL。
夏海は浜松で結婚し専業主婦。
結衣は地元熱海でパチンコ屋の店員。
凪は横浜で彼氏と同棲しながら、映画監督をしている。

昔話に花が咲き、宴もたけなわ。
「昔みたいに朝まで飲まない?」
誰かが口走ったその一言で、果てしない夜が始まった。

仲良し「だった」四人が抱え続けた秘密と嘘と、葬った過去。
「あの頃」と「今」の埋められない溝が夜に静かに響き、
行く宛てのない言葉たちが、のらりくらりと徘徊する。

やがて、夜が明けて、四人が見た朝焼けの色は。
スタッフ 作・演出:勝又悠
プロデューサー:古屋太朗
キャスト 永瀬真悠、富樫未来、高橋みち、七瀬真生子、成瀬美希/恵畑ゆう ほか
お問い合わせ ものづくり計画
050-5316-6399
info@mono-dukuri.com
ものづくり計画HP

チケット発売日

2018年8月20日(月)

入場料金

S席5,500円/A席3,900円(全席指定・税込)

S席は特典DVD付き(会場受付でお渡し)

チケット発売窓口

ものづくり計画窓口 050-5316-6399
http://haikai.mono-dukuri.com

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演45分前より劇場にて受付

公演日程

2018年10月10日(水) 〜 10月14日(日)

上演時間 約1時間50分

2018年10月

7 8 9 10
  • 19:30
  •  
  •  
11
  • 14:30
  • 19:30
  •  
12
  • 19:30
  •  
  •  
13
  • 13:00
  • 18:00
  •  
14
  • 12:00
  • 16:00
  •  
15 16 17 18 19 20

情報登録:ものづくり計画

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=48307

トラックバック一覧