4RUDE『カテリーナ・イワーノヴナ〜罪と罰〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

4RUDE

『罪と罰』3部作第2弾

『カテリーナ・イワーノヴナ〜罪と罰〜』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年12月15日(金)〜12月17日(日)
会場 武蔵野芸能劇場
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-10
PR・解説 ク・ナウカ出身の稲川光率いる4RUDE。昨年の『罪と罰』がラスコーリニコフ編なら、3部作第2弾はカテリーナと彼女の家族を主軸に『罪と罰』の重要なテーマをあぶり出します。
昨年の出演をきっかけに、メンバーとなった森戸貴之、日比野ざざとともに4RUDEメンバー4人だけの、濃密でスピーディーな舞台。そして主演カテリーナを男性が演じます。1年に1本の舞台。お見逃し無く!
ストーリー 三人の子供を抱えた未亡人カテリーナ・イワーノヴナは収入の糧を無くし、悲惨な状態であった。その有様を観るに見かねて、結婚を申し込む男が一人。結婚を機に、この大家族を支えるため、彼は獅子奮迅の働きをすることになる。が、折もおり、農奴解放の官制の改革で、職を失い、酒に溺れることとなる。職を見つけては、酒で失う。酔いどれのマルメラードフ一家を支えるのは彼の連れ子、娼婦ソーニャの稼ぎだけであった。家族は、部屋から部屋への移動の場、通路を間借りし、人工都市ペテルブルグに流されないよう、必死にしがみつき生活しているのだった。
スタッフ 演出・台本=稲川光/舞台監督=海老沢栄/照明=福田玲子/音響=水村良/宣伝画=稲川渓
キャスト 稲川光/稲川諒/森戸貴之/日比野ざざ
お問い合わせ 4RUDE
070-5517-2449
inahika@yahoo.co.jp
4RUDEホームページ

チケット発売日

2006年10月1日(日)

入場料金

前売り2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

整理番号つきの自由席になります。チケット購入順の番号になります。

チケット発売窓口

4RUDE 070-5517-2449

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年12月15日(金) 〜 12月17日(日)

2006年12月

10 11 12 13 14 15
  • 19:30
  •  
  •  
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 15:00
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4924

トラックバック一覧