ICU歌劇団『そらのうた』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ICU歌劇団

2006年度ICU歌劇団冬公演

『そらのうた』〜夢と現実は 紙一重〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年12月27日(水)〜12月28日(木)
会場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
〒181-0012  東京都三鷹市上連雀6-12-14
PR・解説 時間って何なのだろう。時間は悪いものでしょうか。現実は、日常とモノに侵入した時間のために私たちの関係はしばしば悲しいものになっているのではないでしょうか?しかしそれさえも忘れさせるくらい時間は迫ってくるように思われます。それでも私たちは平気な顔をしている。とくにこの状況が悲劇だとか世界の終わりだというのではありません。目の前のそのひととのつながり。身内であろうと、他人であろうと、恋人であろうと友人であろうと。つまりは、その瞬間。すべてのものに対する愛情。
これを今、舞台にこめられたらと思います。
ストーリー いつ、どこのことだったか、誰も覚えていない物語―
船で空を飛ぼうと夢見る兄弟がいた。ある日、金貨があれば空を飛べると聞いた兄
は、弟と別れ働く決意をする。兄が働き始めたのは「時間貯蓄銀行」―それは人々か
ら時間を集めてつぼみに貯蓄し、花開くときには時間が何倍にも膨らんで還ってくる
という仕組みの不思議な銀行だった。高い給料の代償として時間を捧げた兄はいつし
か弟との夢を忘れてゆく。そこに現れる一人の女。度重なる悪夢。交差する行員の思
惑。そこから抜け出し、兄は弟との再会を果たすが―
離れてはじめて感じる、身近な人のぬくもり。幸せとはなにか?エンデの傑作『モ
モ』に着想を得、脚本・音楽ともにオリジナルでお届けする渾身のミュージカル作
品。是非劇場に足をお運びください。
スタッフ 演出、脚本、作曲、振り付け=篠原憲作/演出補佐=岡田俊平/制作=田中淑惠/舞台監督=白木善史 ほか
キャスト 飯嶋紗織/寺井咲百合/大沢草宣/斉藤香里/佐藤伊世/天谷和彦/辻井茜/重岡萌世/小林恵美/井原一樹/中井千聡/斉藤駿/岩口剛広/鈴木里実/千速裕子/藪下容子
お問い合わせ ICU歌劇団 制作 田中淑惠
icuwinterstage2006@hotmail.co.jp
そらのうたHP

入場料金

1,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ICU歌劇団 制作 田中淑惠 チケット、公演お問い合わせ
icuwinterstage2006@hotmail.co.jp

ホームページ
http://kageki2006sora.blog72.fc2.com/

公演日程

2006年12月27日(水) 〜 12月28日(木)

上演時間 約2時間

2006年12月

24 25 26 27
  • 19:00○
  •  
  •  
28
  • 13:00○
  • 17:00○
  •  
29 30
○:会場は開演の30分前から

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4970

トラックバック一覧