岡崎藝術座『2006冬、賛嘆たる日々の同時公演/見ろこの上空の澄んだ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

岡崎藝術座

利賀演出家コンクール2006最優秀演出家賞受賞

『2006冬、賛嘆たる日々の同時公演/見ろこの上空の澄んだ』『日常茶飯事』『多大なる耳障りで鬱陶しい声が毎日のように聞こえてくるのだ』『不景気<冬の朝編>』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年12月8日(金)〜12月17日(日)
会場 千駄木brickone/高田馬場異邦人
東京都
PR・解説 (日常茶飯事)
演出ノート:本年5月に静岡藤枝で上演された、消防設備士の作品を東京で上演する運びとなりました。消防法令別表第1に基づく特定防火対象物第1項のイについての首位攻防戦。

(多大なる耳障りで鬱陶しい声が毎日のように聞こえてくるのだ)
上演することを目的とせず、単なる書き物として製作した戯曲を数ヶ月おき、他人の作品として演出します。千駄木、高田馬場両会場で上演。

(不景気<冬の朝編>)
小座唯一の社会的演劇『不景気』シリーズ、新作です。早朝しか上演しません。最近は競輪にはまりつつある演出家の苦情処理的上演。キャストは、利賀演出家コンクールの最優秀受賞メンバーでお送りします。
ストーリー (日常茶飯事)
日常というキナ臭い事実を、生活をおざなりにする、という観点からとらえた作品です。日常の延長線上に必ずある吐き気のような神的な存在。日暮里のとなりの千駄木で上演。

(多大なる耳障りで鬱陶しい声が毎日のように聞こえてくるのだ)
出会いと別れ、再開。愛し合った男女がすれ違いの生活の中で、お互いを気づかうあまり離れた。もう連絡も取れない。別々の日々を重ねる。 だけどそれぞれに、思い合っているのはわかっているから必ずまた会うんだろう。そのときは笑顔で!

(不景気<冬の朝編>)
「いざなぎ景気を超える」だと、ふざけている。ふざけるな。貯金を見ろ。路上を見ろ。目をつむると好景気。見据えるとソロー(sorow)。悲しいときにやってくる。タイミングよくあいつがやってくる。そうだ、ぼくたちはあのスーパーマンが必要なんだ。
スタッフ 演出/作=神里雄大(全公演)/制作=竹内久子(全公演)/照明=高橋かおり(brickone)
キャスト 浜口寛子(全公演)/あきやまかおる(日常茶飯事)/アントニオ本多(日常茶飯事)/酒井和哉(日常茶飯事)/川嶋はづき(多大なる〜)/岡部俊一(多大なる〜)/鈴木裕輔(不景気)/佐々木透(不景気)/タカハシカナコ(不景気)/冨川純一(不景気)
お問い合わせ 岡崎藝術座
070-5469-2639
okazaki@kawasaki.kanagawa.to
岡崎藝術座HP
その他
お問い合わせ
メール予約は前日まで/電話予約は上演2時間前まで

チケット発売日

2006年10月15日(日)

入場料金

予約・当日共1,000円/日常茶飯事・多大なる〜共通1,800円(全席自由・税込)

共通券は前売のみ
brickoneは40席満席
異邦人は15席満席

チケット発売窓口

岡崎藝術座 070-5469-2639
okazaki@kawasaki.kanagawa.to (前日まで) / 070-5469-2639 (上演2時間前まで)

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年12月8日(金) 〜 12月17日(日)

上演時間 1時間以内

2006年12月

3 4 5 6 7 8
  • 17:30A
  • 20:00A
  •  
9
  • 14:30A
  • 16:30B
  • 19:00A
10
  • 11:00B
  • 16:30B
  • 19:00A
11
  • 17:30A
  • 19:30A
  •  
12 13 14
  • 20:00B
  •  
  •  
15
  • 20:00B
  •  
  •  
16
  • 09:00C
  • 19:00B
  •  
17
  • 09:00C
  • 19:00B
  •  
18 19 20 21 22 23
A『日常茶飯事』公演
B『多大なる耳障りで鬱陶しい声が毎日のように聞こえてくるのだ』公演
C『不景気<冬の朝編>』公演

※12、13日は休演日

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5008

トラックバック一覧