水戸芸術館ACM劇場『ジュリアス・シーザー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

水戸芸術館ACM劇場

ACM劇場プロデュース公演

『ジュリアス・シーザー』〜すべてはシェイクスピアから3〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年11月10日(金)〜11月19日(日)
会場 水戸芸術館ACM劇場
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
PR・解説 暗殺者は英雄か、それとも・・・?
血塗られた陰謀に人々は群がる。
権力者に翻弄される市民、権力者の運命を握る市民。
紀元前ローマに見え隠れする、現代(いま)の私たちの姿。

水戸芸術館ACM劇場プロデュース公演、シリーズ「すべてはシェイクスピアから」第3弾。
『スカパン』、『ベニスの商人』、『かもめ』の出演者が再び集結。
さらに、ローマ市民役を水戸市民が演じるというシリーズ新展開も。
紀元前ローマの暗殺劇が今、歴史ドラマとしてではなく、私たちの、現在進行形の物語として蘇ります。
ストーリー ジュリアス・シーザーの凱旋に沸くローマ。
戦争に勝利し英雄となった彼に、王冠が授けられるのは時間の問題だった。 それを喜ばないカシアスたちは、高潔な政治家ブルータスにシーザーの暗殺を持ちかける。
王冠を手にしたシーザーが暴君になることを警戒したブルータスは、ローマ市民のため、暗殺を実行に移す。
皆に称えられるブルータスだったが、シーザーの腹心アントニーの策略から状況は一変、残酷な虐殺者としてローマを追われる身となってしまう。
はたして、亡きシーザーの座をめぐる権力闘争は激しさを増していく・・・。
スタッフ 作=w.シェイクスピア/翻訳=近藤弘幸/演出・美術=桐山知也/照明=佐野清一/音響=山本基之/衣裳=阿部朱美/舞台監督=久野伸二/演出助手=大澤遊/舞台監督助手=藤重雅子/制作=辻本力 ほか
キャスト 春海四方/辰巳 蒼生/冨岡 弘/草光 純太/八木 正純/遠島 立夫/塩谷 亮/大内 真智/紺谷 昌充/小林 祐介/澤田 考司/中野 智美/堀口 理恵 ほか
お問い合わせ 水戸芸術館ACM劇場
029-227-8123
水戸芸術館公式サイト ART TOWER MITO 24 Hours
『ジュリアス・シーザー』稽古場日誌 地底探検

チケット発売日

2006年8月27日(日)

入場料金

一般3,000円/学生2,000円/団体(10名様以上)2,700円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

水戸芸術館チケット予約センター 029-225-3555

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

公演日程

2006年11月10日(金) 〜 11月19日(日)

2006年11月

5 6 7 8 9 10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20 21 22 23 24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5011

トラックバック一覧