裸伝Q『黄色い線まで』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

裸伝Q

『黄色い線まで』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年2月17日(木)〜2月20日(日)
会場 スタジオあくとれ
〒164-0001 東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンション B1
PR・解説 裸伝Q(はだかでんきゅう)第7回公演『黄色い線まで』ご案内

陽のあたらない人々が集まり、陽のあたらない世界を作る。
あえてそこに光をあてる芝居を上演している劇団”裸伝Q(はだかでんきゅう)”が第7回公演『黄色い線まで』を上演します。

《30歳。今二度目の思春期を迎えようとしている。》

 今回は子供の頃に描いた夢、その残像が微かによみがえる大人たちの話です。
 大人でもない、子供でもない、悩み多き年頃にあたるのが思春期だとしたら、今の私(今年35歳)は第二の思春期を迎えているような気がします。何故なら若い頃の勢いもなく、大人の円熟味もない。しかもいまだに将来に不安を抱えているからです。
 決して不安材料が変わったわけではないと思うのですが、心境としては青空を優雅に浮かぶ雲から低く垂れ込める雨雲へと徐々に変化している気がします。
 人生とはこういうモノなのでしょうか?
『悩める者は同志なり』そんなわけで二つの思春期が夢と現実という形で交じり合うお話を作ってみました。
 昔の自分に会えたらどんな事をいうかしらんと想像しながら。
                裸伝Q 鍋島松涛
ストーリー あらすじ
「大学時代の仲間が久しぶりに顔を合わせる。
お互い何も変わっていないようなそぶりの中、それぞれが今の不安を抱えながら生きている。若い頃に描いた淡い夢を少し引きずりながら。
現実という重みに耐える大人たちがそこで感じたものとは・・。」
スタッフ 作・演出=鍋島松涛/照明=松本永(光円錐)/制作=裸伝Q/制作助手=宮田沙織/宣伝美術=大西由美子
キャスト 朴贊革/しゃこ/智絵/稲葉能敬(劇団桟敷童子)
お問い合わせ 裸伝Q
070-5546-1131
info@hadakadenq.com
裸伝Q公演情報

入場料金

前売・当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

裸伝Q 070-5546-1131
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:783-666

公演日程

2005年2月17日(木) 〜 2月20日(日)

2005年2月

13 14 15 16 17
  • 19:30
  •  
  •  
18
  • 19:30
  •  
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26
開場30分前 受付1時間前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=506

トラックバック一覧