劇団両面HERO『おもて』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団両面HERO

『おもて』

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

HPでのチケット予約のお客様に、特別サービスあり!

公演データ

公演期間 2006年11月18日(土)〜11月19日(日)
会場 池袋小劇場
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-3-5
PR・解説 関西の人気劇団ファントマに所属していた西川昌吾が新たに立ち上げたエンターテイメント劇団。
「クール&お茶目」をコンセプトにした二面性舞台を創作する。
今回、岡本綺堂の名作「修善寺物語」を、両面HEROが「クール&お茶目」に仕立てます。
ストーリー 鎌倉時代、伊豆修善寺・桂川のほとりに夜叉王という面作りの名人が、二人の娘(姉かつら・妹かえで)とかえでの婿・春彦の4人で暮していました。姉かつらは美人ですが気位が高く、まだ独身でした。ある秋の晩、将軍頼家は自分の顔を後世に残すべく夜叉王に命じて面を注文してあったが、半年経っても出来あがらないので催促に来ました。夜叉王は、何度作ってもその面に死相が現われるので納得できない作品は渡せないという。頼家は怒って夜叉王を斬ろうとしたので、娘のかつらがその面を頼家に渡し、止める。見事な出来映えに頼家は感銘しこの面を献上させます。そして娘かつらを御殿に出仕させ側女とします。しかし、その夜北条の刺客に襲われた頼家は殺され、面をかぶって頼家の身代わりとなって戦ったかつらは瀕死の身で家に落ち延びると、父夜叉王は自作の面が将軍の運命を暗示するほどの作であるを知り満足の笑みを浮かべ、今まさに死んでいく娘、かつらの断末魔の面を写しとろうと筆を走らせるのでした。
スタッフ 演出=西川昌吾/脚本=川上ルイベ/舞台監督=るうと工房/照明=大島早保子/音響=滝本千華/衣装=ミツヒロ/衣装=松久智子
キャスト 相原里奈/新広裕一朗/藤木吾呂/西川昌吾/笹尾融理亜(オフィス香)/大西恵介(劇団五○鬼)/一星菜穂/橋本淳子
お問い合わせ 劇団両面HERO
03-6786-2828 / 090-5055-5047
info@ryanmen-hero.com
劇団両面HERO

チケット発売日

2006年10月1日(日)

入場料金

前売り2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

西川昌吾 03-6786-2828
HPからのご予約のお客さま、10人に1人はチケット無料サービスあり!

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年11月18日(土) 〜 11月19日(日)

上演時間 約1時間半

2006年11月

12 13 14 15 16 17 18
  • 15:00
  • 19:00
  •  
19
  • 13:00
  • 17:00
  •  
20 21 22 23 24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5087

トラックバック一覧