innerchild『アメノクニ/フルコトフミ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

innerchild

innerchild vol.12

『アメノクニ/フルコトフミ』〜八雲立つユーレンシア〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年1月8日(月・祝)〜1月14日(日)
会場 時事通信ホール
東京都中央区銀座5−15−8
PR・解説 私達は私達を成立させる「物語」なしでは生きていけない。

古事記の編纂者と伝えられる太安万侶(おおのやすまろ)と稗田阿礼(ひえだのあれ)。
「記紀」成立の八世紀、後世何故か多くを語られぬ彼らが、何を思い、何を信じて歴史を編んだのか。そこにはきっと想像を絶するような善と悪、強い光と、深い闇、その葛藤があるように思えてなりません。

過去・現在・未来の日本を同時通訳的にイメージした架空の王国『ユーレンシア』。その国の若者が今、王の勅命により国の「神話」を生み出すこととなった。彼の視点から浮き彫りになる国の欲する「歴史」とは?「過去」とは?
日本神話の世界観を通じて「日本人の心性」を探ってきたinnerchildが、今度は「神話を書いた側」に視点を移し、神話という物語の新たな深遠に迫る。
自分を「物語」ることなく生きてはいけない全ての個人に捧げる「物語」るための「物語」。
ストーリー 僕の名前はヤスマール。
ここは、『ユーレンシア』と呼ばれる国。
偉大なる先代『天祖大王』(「アメミオヤノオオキミ」と読む)テンムー様が后、新大王ジトー様の治める王国だ。
戦争に斃れた先代大王の言を引き継ぎ、ジトー様はこんなことを言う。
「国々の首長たるユーレンシアには万民を導く義務がある。神代から連なる我が国の神聖なる歴史をつまびらかにし、国造りの基盤とせよ。我が血脈こそが正当なる神の子孫であると世に広め、人心を掌握せよ。」と。
武力の次は文化で攻めるということか…。

だれかが扉をノックしている。
きっと右大臣のフヒト様が例の女性を連れて来たのだろう。
アレーとかいう名の異民族の語り部。
神代の記憶を語り継いでいるとかいっているけど、正直何処まで期待出来るか良く分からない。
とりあえず、扉を開けることから始めてみようか…――――――
スタッフ 作・演出=小手伸也/舞台監督=筒井昭善・清沢伸也/舞台美術=筒井昭善・小手伸也/照明=伊藤孝/音響=尾林真理/映像=神戸ちぎ/衣装=渡辺まり/メイク=荻原麻耶/小道具=桜井徹/制作=innerchild
キャスト 古澤龍児/菊岡理紗/土屋雄/三宅法仁/宍倉靖二/小手伸也/進藤健太郎(無名塾)/板垣桃子/ハルカ・オース/石川カナエ/尾崎恵(STRAYDOG)/貝塚建(桃唄309)/小柳こずえ/三枝翠/桜子/関根洋子/関本なこ/長尾純子/初谷至彦(NG企画)/馬場巧(まめや別館/ヰタ・マキ)
お問い合わせ innerchild

チケット発売日

2006年11月28日(火)

入場料金

前売り3,200円/当日3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

innerchild 03-5791-3220
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:373-196
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年1月8日(月・祝) 〜 1月14日(日)

2007年1月

7 8
  •  
  •  
  • 19:00
9
  •  
  •  
  • 19:00
10
  • 14:00
  •  
  • 19:00
11
  •  
  •  
  • 19:00
12
  •  
  •  
  • 19:00
13
  • 14:00
  •  
  • 19:00
14
  • 12:00
  • 16:00
  •  
15 16 17 18 19 20

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5101

トラックバック一覧