オペラシアターこんにゃく座『森は生きている』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オペラシアターこんにゃく座

キラリ☆ふじみ演劇祭

『森は生きている』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年3月21日(水・祝)
会場 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみマルチホール
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
PR・解説 わがままな女王の気まぐれからはじまった
かごいっぱいの金貨につられたマツユキ草探し
むりやり冬の森に行かされた<むすめ>が出会ったのは
<時間>をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月まで十二人の<月の精>たちだった
“もえろ もえろ あざやかに”
月たちが歌う焚き火のぬくもりのなかで
<むすめ>はなにをもらったか?
女王はなにを学んだか?
ストーリー 新しい年を迎える大晦日、わがままな女王が、四月に咲くマツユキ草がほしいと言い出したために、国中は大さわぎ。ほうびの金貨に目がくらむ継母のいいつけで、マツユキ草を採ってくるようにと一人の娘が真っ暗な森に追いやられます。
 そこでは十二月の精たちがたき火を囲んで新年の儀式の最中でした。娘の話を聞いた四月の精は、他の月たちに頼んで一時間だけ「時」をゆずってもらいます。娘はマツユキ草を手に入れましたが、それを渡された女王は、自らマツユキ草を摘むために吹雪の森へと出かけます。しかし、そこで待ちうけていたものは・・・。
スタッフ 台本・作曲=林光/原作=サムイル・マルシャーク(湯浅芳子による)/演出=高瀬 久男/美術=松井るみ/照明=中山奈美/衣裳=出川淳子/振付=新海絵里子 ほか
お問い合わせ 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
049-268-7788
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

チケット発売日

2006年12月9日(土)

入場料金

一般3,000円/学生2,000円/中学生以下1,000円/一般ペア5,000円/親子ペア(一般+中学生以下)3,500円(全席指定・税込)

※3歳未満の方の入場はご遠慮ください。
※お得な団体割引(10枚以上購入すると1割引)もございます。ペア券のぞく。
※1歳以上未就学児の託児を承ります。(500円、要予約、定員10名様、3月14日<水>締切)

チケット発売窓口

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 049-268-7788
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:373-155

公演日程

2007年3月21日(水・祝)

2007年3月

18 19 20 21
  • 14:00
  •  
  •  
22 23 24
<交通のご案内>
東武東上線鶴瀬駅東口からタクシーをご利用いただくか、下記の市内循環バスをご利用ください。
みずほ台駅東口13:02→富士見市役所(キラリ☆ふじみ隣)13:13
鶴瀬駅東口13:21→富士見市役所(キラリ☆ふじみ隣)13:28

無料駐車場がございますので、車でご来場いただけます。

<助成>財団法人地域創造

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5144

トラックバック一覧