ジャングルベル・シアター『雪古森の春』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ジャングルベル・シアター

ジャングルベル・シアター2006年冬公演

『雪古森の春』いいかい、もし命が助かりたいのなら、私に春を見せなさい...

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

シアターグリーン演劇祭2006夏において、一般審査員賞受賞のジャングルベル・シアターが、再びシアターグリーンに登場!
真夏から一気に真冬の物語へ。
最先端?!春へ向けて、ジャンベルらしいあたたかい物語をお届けします。

公演データ

公演期間 2006年12月6日(水)〜12月10日(日)
会場 シアターグリーン・BASE THATER
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
PR・解説 作、演出である浅野泰徳を中心に1995年に旗揚げ。『演劇ではなく、物語の世界を届けたい』という、浅野の主旨のもと、都内において、年2回のペースで公演を行う。その作風からは、幼い頃に読んだ絵本や、少し忘れかけた故郷の匂いがしてくる。様々なキャラクターと絶妙なテンポで繰り出されるギャグに思わず吹き出さずにはいられない。時にはメルヘンに、時にはファンタジックに、時にはシュールに物語は展開される。2006年夏公演『河童の水際』はシアターグリーン演劇祭において、特別賞である一般審査員賞を受賞。
ストーリー 染物師見習いの柘植は染料を求めに雪山にいた。そこへ秘湯探検倶楽部のメンバー達が現れる。何でもこの山に秘湯があるという。目印と思われる雪古森と呼ばれる地まで案内することになった柘植。しかし、思わぬ吹雪に巻き込まれ、全員、雪山で遭難することになる。そして、そこへ現れたのは、伝説の雪女だった・・・
スタッフ 作・演出=浅野泰徳/舞台監督=中西隆雄/舞台美術=松本わかこ/照明=宮崎正輝/音響=井上直裕(atSound)/衣裳=Morico/演出補佐=鈴木雄一/小道具=野上敦美/制作=阿部美和子 ほか
キャスト 松宮かんな/福津屋兼蔵/村井みゆき/野上敦美/神田英樹/西村太一/松下尋((株)フェイスプランニング)/大倉友之/大波勝/川原澄人(劇団ガッツ)/鈴木かほり
お問い合わせ ジャングルベル・シアター
090-9387-2619
info@junglebell.com
ジャングルベル・シアター

入場料金

前売・当日2,800円/☆平日15:00の回2,300円/ジャンベルCLUB会員2,300円/学生(高校生以下・要学生証提示)2,000円(税込)

日時指定・自由席(部分指定制)
※ジャンベルCLUB会員のみ指定席

チケット発売窓口

ジャングルベル・シアター 090-9387-2619
メール*ticket@junglebell.com

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年12月6日(水) 〜 12月10日(日)

上演時間 約1時間40分

2006年12月

3 4 5 6
  • 15:00☆
  • 19:30
  •  
7
  • 15:00☆
  • 19:30
  •  
8
  • 15:00☆
  • 19:30
  •  
9
  • 15:00※
  • 19:30
  •  
10
  • 13:00
  • 17:00
  •  
11 12 13 14 15 16
☆平日15:00の回 2300円
※残席わずか

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5184

トラックバック一覧