財団法人 藤沢市芸術文化振興財団『どさ回りのハムレット』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

財団法人 藤沢市芸術文化振興財団

劇団俳小

『どさ回りのハムレット』〜兄殺しの報い〜

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年1月21日(日)
会場 湘南台文化センター市民シアター
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台1-8
PR・解説  平成10年に池袋演劇祭第10回記念豊島区長賞を受賞し、平成17年6月にはルーマニア、ドイツにて海外公演を行い大好評を得た作品。
「ハムレット」という難しく、とっつきにくい作品の、独白、哲学的な組立の話等をなくしながらも、ハムレットという作品の良さをしっかりと残した「『どさ回りの』ハムレット」です。300年前の人々に享け入れられたテンポのある、筋の明快な、わかり易いハムレットをお楽しみください。
ストーリー  父親を叔父に殺されたデンマークの王子ハムレットは復讐を誓い、恋人オフィーリアに別れを告げ、国王となった叔父が父親殺しの真犯人であるかどうかを推理するため、一計を案ずる。結果、叔父の罪を確信するハムレットだが、復讐の機会をつかめぬまま、オフィーリアの父親を誤って殺してしまう。
 恋人との破局に加え、父まで失ってしまったオフィーリアは、気が狂い、道化を追いかけ回す。一方、ハムレットを煙たく思う叔父のたくらみで、イギリスに行く旅の途中で殺されかかったハムレットは、危機一髪、罠をかいくぐり帰国する。

 父親そして妹の相次ぐ死を悲しみ、ハムレットに恨みを抱く 、オフィーリアの兄レオンハルドス。彼と剣術の試合をすることになったハムレット。そして試合の当日。ついに復讐を果たすハムレットであったが、母である王妃や、レオンハルドスの死、そして自らも毒の剣にたおれる。多くの死によって迎えられた終焉とは…。
スタッフ 作者=不詳/翻訳=宮下啓三/潤色・演出=志村智雄/照明=竹井崇/音響=井出比呂之/美術=池ヶ谷敦/振付=熊谷章/衣裳=岡千勢子/舞台監督=三輪マスオ/制作=いがりたかし
キャスト 隈元勇治(劇団俳小)/斎藤真/荒川ヒロ子/片桐初美/山田喜久男/大川原直太/古賀元太/堀越健次/松永陽三/成田貴明/平岩佐和子/藤田かおる/大多和芳恵/井田紀子
お問い合わせ 財団法人 藤沢市芸術文化振興財団
0466-28-1135
f.arts.7@cityfujisawa.ne.jp
財団法人 藤沢市芸術文化振興財団

チケット発売日

2006年10月14日(土)

入場料金

3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

藤沢市民会館 0466-23-2415
湘南台文化センター市民シアター 0466-45-1550
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:372-075

公演日程

2007年1月21日(日)

2007年1月

21
  • 15:00
  •  
  •  
22 23 24 25 26 27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5194

トラックバック一覧