劇団芝居屋『待合所・帰郷』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団芝居屋

劇団芝居屋第十二回公演

『待合所・帰郷』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年2月20日(火)〜2月25日(日)
会場 シアター風姿花伝
〒161-0032 東京都新宿区中落合2-1-10
PR・解説 「覗かれる人生」芝居を追求する劇団芝居屋がお贈りするあなたの隣にある人生。この愛すべき人達に会いに来て下さい。きっと心が温まります。
「劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ち、この人生を覗いてください」・・・劇団芝居屋
ストーリー 《あらすじ》
北国の小さな町にあるローカルバスの待合所を舞台に、深夜から払暁の時間の間に繰り広げられる一夜の物語である。
ここクシリバスターミナルは、以前はローカル線の駅であったが、鉄道の廃線に伴い路線バスの待合所として使われていた。ここの管理を任されている田野倉芳子にとってこの場所は、駅長だった亡き夫との思い出の場所でもあった。そのため芳子は往時の駅の風情を残そうと腐心していた。
ある大雪の夜、待合所は町役場の幹線道路除雪チームの集合場所なった。芳子の娘の良子が町役場につとめ連絡係をしていたからであった。集まった除雪チームの中に芳子の夫田野倉良介と親友だった岡崎総一がいた。岡崎には待合所が駅舎だった頃、町の病院にこの駅から送り出した妻を亡くした過去をもっていた。
一本の電話が会社から芳子に入った。積雪の為幹線道路が通行止めになったので、長距離夜行バスの客を通行止めが解除になるまで休ませてくれという依頼であった。
突然の出来事で交わる事のなかった筈の人間の偶然の出会い。交錯する数々の人生。果たしてこの結末は。
スタッフ 演出=増田再起(劇団芝居屋)/舞台監督=シロサキユウジ/美術=八木橋貴之/照明=須賀知恵子/音楽・音響=渡辺禎史/宣伝美術=土屋由美子/他
キャスト 永井利枝/増田恵美/家村幸成/今中奈穂子/中露理/増田再起/若原美紀(劇団朋友)/木下敬志(月青旅団)/足達祐紀/齋藤政憲/形上綾子/林亜樹/大久保陽子/河野伸太郎/中川逸星(プロダクションタンク)
お問い合わせ 劇団芝居屋事務所
03-3474-6647
shibaiya3masuda@peace.ocn.ne.jp
劇団芝居屋

チケット発売日

2007年1月10日(水)

入場料金

前売3,000円/当日3,200円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団芝居屋 03-3474-6647
劇団芝居屋HP内チケットセンター

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:784-750
演劇ポータルサイト〈Confetti〉 http://confetti-web.com

公演日程

2007年2月20日(火) 〜 2月25日(日)

上演時間 約1時間45分

2007年2月

18 19 20
  • 19:00
  •  
  •  
21
  • 14:00
  • 19:00
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26 27 28      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5322

トラックバック一覧