『コペンハーゲン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『コペンハーゲン』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年3月1日(木)〜3月18日(日)
会場 新国立劇場 小劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 日本初演となった2001年、演劇界の話題をさらった『コペンハーゲン』が、待望の再登場をはたします。
英国の劇作家マイケル・フレインが1998年に発表した傑作『コペンハーゲン』はロンドンの初演で大ヒットを記録、イブニング・スタンダード賞に輝いたのを皮切りに、続く ブロードウェイでも2000年にトニー賞ベスト・プレイ賞など各賞を受賞し、今なお世界各地で上演され続ける話題作です。
第二次世界大戦時、原爆開発をめぐり後に世界を揺るがすことになった“謎の一日”を題材に、マイケル・フレインは物理学に取材し、それを演劇的構成と大胆な推理によって、人間の深層心理に迫る上質なエンターテイメント作品に仕立て上げたのです。
演出は、多くのテーマが緻密に絡み合うこの膨大な会話劇を見事に立体化した鵜山仁が2001年に続き、再演での更なる発見に意欲をみせます。またボーア役に新たに村井国夫を迎え、マルグレーテ役の新井純、ハイゼンベルク役の今井朋彦という実力派のキャストとスタッフ陣により、初演時の興奮をさらに越える舞台をおとどけします。
ストーリー ナチスの恐怖が欧州を覆う1941年のコペンハーゲン。ナチスの秘密計画に携わるドイツ人物理学者ハイゼンベルクは、恩師であるユダヤ系デンマーク人のボーアをナチス占領下にあるコペンハーゲンに訪ねた。盗聴器が仕掛けられた過酷な状況下で語られたボーア、ハイゼンベルク、マルグレーテの会話の真相とは? 3人は死後の世界からこの「謎の一日」を再現しようとする。原爆製造への関わり、祖国への忠誠心、ヒューマニズム、物理学者のエゴとプライド、家族への思い。数々の記憶が蘇る。しかし相補性原理や不確定性原理といった彼らの理論そのままに、語れば語るほど記憶は曖昧なものになっていく。やがて謎を解く核心に迫るのだが……。
スタッフ 作=マイケル・フレイン/翻訳=平川大作/演出=鵜山 仁
キャスト 村井国夫/新井 純/今井朋彦
お問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
新国立劇場ホームページ

入場料金

A席5,250円/B席3,150円(全席指定・税込)

Z席=1,500円/当日学生券=50%割引(公演当日のみボックスオフィスとチケットぴあ一部 店舗にて販売。1人1枚、電話予約不可。詳しくはボックスオフィスまでお問い合わせください。)

チケット発売窓口

新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:373-427
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:37936
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
チケットホン松竹 03-5565-6000

公演日程

2007年3月1日(木) 〜 3月18日(日)

2007年3月

        1
  •  
  •  
  • 19:00★
2
  •  
  •  
  • 19:00
3
  •  
  • 13:00
  •  
4
  •  
  • 13:00★
  •  
5 6
  •  
  •  
  • 19:00
7
  • 14:00
  •  
  •  
8
  •  
  •  
  • 19:00
9
  •  
  •  
  • 19:00
10
  • 13:00★
  •  
  •  
11
  • 13:00★
  •  
  •  
12 13
  •  
  •  
  • 19:00
14
  •  
  • 14:00
  • 19:00
15
  •  
  •  
  • 19:00★
16
  •  
  •  
  • 19:00
17
  • 13:00
  •  
  •  
18
  • 13:00★
  •  
  •  
19 20 21 22 23 24
★ 託児室がご利用になれます。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5408

トラックバック一覧