見学者『次の出発』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

見学者

『次の出発』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年3月8日(木)〜3月11日(日)
会場 吉祥寺シアター
〒112-0012 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22
PR・解説 ここにはわたしがいて、妻がいて、あなたがいて、あの旅の道連れがいる。
そして、あそこにあるのは土手です。その上には、バス停。
そこに川。ここに桟橋。川の向こうには何もない村。
だから、何もないなんてことはないんですよ。
ストーリー とある川辺の土手。土手の上にはバス停を思わせる標識。川辺にはそこが船着き場だと思わせる桟橋。
そこに舟で到着したカメラとご夫人。どうやら二人は旅行の途中らしいが、いつの間にか二人に付いてきたのは、言葉のわからない旅の道連れ。
そこからバスで街へと向かおうとするが、バスはなかなか来ない。船頭は一日に一度、船で往復しているという話だが、度々現れる。
道連れは、何を言っているかわからない。町へ出る目的が変わる者たち。何度も来る夜には、必ず現れる若者たち。どこか北の方からこの土地にやってきた者のようだが、しばらく対岸の村に滞在し、夜には必ずこの土手に集まってくる。幻覚作用のあるクスリを所有しているようで時々おかしな言葉を口にするが、それはどこかで聞いたことがあるような神話であったりする。
ときに現れる3人の女たちも対岸の村に住む者たちだが、彼女たちによって徐々に明らかになるのは、これが単にバスを待つ話ではないということだ。
バスはいつまで経っても来ないが、バスを待っている時間、他者との出会いを通して、カメラとご夫人は自分たちの旅の意味を見いだしていく。
スタッフ 作・舞台美術=黒沼佰見/演出=倉光仁美/舞台監督=吉川悦子/照明=木藤歩/音楽・音響=渡辺禎史
キャスト 杉田健治/菊地奈緒/小池友洋/江原大介/藤田早織/能登谷智生/戸田武臣/渡辺さおり/丸二明紀子/伴田万理子/筒井きえ/平真幸/長瀬良嗣
お問い合わせ 見学者
03-3943-0323 / 090-4716-4681
info@kengakusha.com
見学者
『次の出発』特設サイト

チケット発売日

2007年1月26日(金)

入場料金

前売2,800円/当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

見学者 03-3943-0323

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:374-708

公演日程

2007年3月8日(木) 〜 3月11日(日)

上演時間 約2時間

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5475

トラックバック一覧