燐光群『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群

燐光群+フィリピン国際交流プログラム

『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年2月1日(木)〜2月4日(日)
会場 森下スタジオ Cスタジオ
〒135-0004 東京都江東区森下3-5-6
PR・解説 燐光群では、フィリピンの演劇人を招いての国際共同製作作品として、2004年に『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』、2006年に『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ 2』を上演しました。フィリピンと日本の俳優・スタッフが共同作業をする、長期展望に立ったシリーズです。
 このたび、その第三弾、シリーズの集大成として、新たな『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』を上演致します。
 『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』シリーズ作品は、いずれも舞台をベッドルームとし、背景に現代フィリピン・日本の社会問題を浮き彫りにすること、フィリピンの現代短編戯曲を、日本語とフィリピン語を混在させて構成することに特徴があります。
 ベッドという人間が生れ落ちる、あるいは最期を告げる最小単位の場所を拠点にしながら、多様化する社会問題に演劇がどう向き合い、関係していくのかを検証する試みでもあります。
 継続的な作業ゆえに可能な芸術性の模索が、作品と作品を取り巻くメンバーシップにより、充実した作品へと結実することでしょう。
ストーリー 本作は5つのフィリピン現代劇作家による戯曲から構成されています。
 「ドゥルセの胸に1,000の詩を」「代理母ビジネス」「離れられない」は、フィリピン演劇界をリードするムーブメント、「P.D.P ( Playwright Developmant Program ) =劇作家育成プログラム」から生まれた戯曲であり、2004年『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ』で上演されました。P.D.Pは現在のフィリピン演劇界において、作家を中心に俳優や演出家も巻き込み、劇団・集団の枠を超えながら、定期的にリーディング・作品分析を繰り返し、厳選された新作を生みだし、フィリピンで優秀作として上演されています。
「アスワン〜フィリピン吸血鬼の誕生〜」は、2006年『フィリピン ベッドタイム ストーリーズ 2』のためにロディ・ヴェラ氏が書き下ろした作品です。今回の上演では、さらなる改訂を加えた、リニューアル・バージョンが加わる予定です。
「フィリピンパブで幸せを」も、「2」のために内田春菊氏が書き下ろした作品です。フィリピンと日本の俳優が共演することを前提に書かれた、性と家族についての、斬新な喜劇といえます。
スタッフ 演出=吉田智久/訳=珍田真弓・桑山沙衣子/日本語版上演台本・芸術監督=坂手洋二/照明=竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)/音響=島猛(ステージオフィス)/舞台監督=高橋淳一/美術=じょん万次郎/衣裳=大野典子/演出助手=清水弥生・坂田恵/制作=古元道広・近藤順子・小池陽子
キャスト Rody Vera/Mailes Kanapi/Raye Baquirin/Angeli Bayani/Jojit Lorenzo/Marj Lorico/宮本裕子/中山マリ/川中健次郎/鴨川てんし/向井孝成/杉山英之
お問い合わせ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
rinkogun@alles.or.jp
燐光群ホームページ

チケット発売日

2007年1月8日(月・祝)

入場料金

前売3,000円/当日3,300円/ペア5,400円/大学・専門学校生2,700円/高校生以下2,000円(全席自由・税込)

ご予約順に整理番号をお取りする整理番号付きチケットです。
開演の20分前より、チケット記載の整理番号順にご入場頂きます。

チケット発売窓口

燐光群 03-3426-6294

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年2月1日(木) 〜 2月4日(日)

2007年2月

        1
  •  
  • 19:00
  •  
2
  •  
  • 19:00☆
  •  
3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 13:00
  • 18:00
  •  
5 6 7 8 9 10
☆演出家・出演者によるアフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5481

トラックバック一覧