あなんじゅぱす『ことばをうたうバンドあなんじゅぱす春のコンサート』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

あなんじゅぱす

『ことばをうたうバンドあなんじゅぱす春のコンサート』「私は生きるのを好きだった」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

谷川俊太郎、入沢康夫、藤井貞和…「ことば」との幸運なめぐり合いを約束されたバンドの2007年春のコンサートは谷川俊太郎特集! 音楽監督・キーボードの只野展也は仙台市出身。ギターのサイトウミノルはヤマハ仙台店ギター科講師です。

公演データ

公演期間 2007年3月14日(水)
会場 ヤマハ仙台店6Fホール
宮城県宮城県仙台市青葉区一番町2-6-5
PR・解説 正岡子規の短歌から谷川俊太郎の現代詩まで100年の「ことばをうたうバンド」あなじゅぱす。あなんじゅぱすを主宰し、作曲・歌・ピアノを担当するひらたよーこは劇団青年団の女優でもあります。 詩人・谷川俊太郎を特集したコンサート「私は生きるのを好きだった」は、昨年東京で初演し、大変好評を博したコンサートです。作品の構成・演出を手がけるのは、劇団・五反田団の前田司郎。音楽監督・キーボードの只野展也は仙台市出身で仙台の劇団IQ150の音楽監督としても知らせています。ギターのサイトウミノルはヤマハ仙台店のギター科講師をしています。
ストーリー 「私は生きるのを好きだった」〜詩人・谷川俊太郎特集! 生きることのささやかな幸せを少々感傷的な陰画(ネガ)に。〜谷川俊太郎の詩による代表的な楽曲と、書き下ろしの新曲をあわせ、よりすぐって演奏します。「生きている」という実感がこんなにも詩の言葉と一致する詩人はいないのではないでしょうか。あなんじゅぱすの演奏と谷川俊太郎の詩が結実し、そこに浮かび上がる歌の世界をお楽しみください。
スタッフ 演出・構成=前田司郎/写真=田中流/デザイン=吉村麻衣子/音響=緒方春英/照明=村井澄江/制作=橋元成朋
キャスト ひらたよーこ(作曲・歌・ピアノ)/只野展也(音楽監督・キーボード)/サイトウミノル(ギター)/大光亘(プログラミング、ドラム)
お問い合わせ (有)レトル
090-9105-2725
anapa_yoyaku@freeml.com
あなんじゅぱす
その他
お問い合わせ
ご予約お取り扱い
(有)レトル 090-9105-2725
anapa_yoyaku@freeml.com

チケット発売日

2007年3月14日(水)

入場料金

予約2,500円/当日2,800円(税込)

チケット発売窓口

(有)レトル 090-9105-2725
ご予約お取り扱い
(有)レトル 090-9105-2725
anapa_yoyaku@freeml.com
あなんじゅぱす

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年3月14日(水)

上演時間 約90分間
※開場は開演の30分前

明るく、懐かしさを感じさせるメロディー。体内にすーっと入ってくる言葉の数々。…
それはある意味、当然かもしれない。現代詩や短歌を「演奏する」というこのバンドの出自からして、すでに「ことば」との幸福なめぐり合いは約束されていたのだから。 『河北新報』2003.12.18朝刊より

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5539

トラックバック一覧