劇団サーカス劇場『ファントム』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団サーカス劇場

劇団サーカス劇場 第13回公演

『ファントム』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

怪姥・そのだりん、出演決定!
サーカス劇場「昭和年代記」最新作!

公演データ

公演期間 2007年3月22日(木)〜3月26日(月)
会場 タイニイ・アリス
〒160-0022  東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
PR・解説 2001年に脚本・演出の清末浩平を中心に旗揚げ。政治問題とリンクしたメタシアターやコンテンポラリーダンスを採り入れたフィジカルシアターなど、演劇の可能性/不可能性を探る様々な実験を経た後に、清末の原点であった濃密なドラマへと決定的な回帰を果たす。
「音楽のような言葉、決闘のようなダイアローグ、夢のような芝居」をモットーとし、特異な言語感覚で織り成された骨太の戯曲と役者陣の情熱溢れる演技によって、「絶対的なアウラの体験」としての演劇の創出を志す。
ストーリー 2002年3月。真夜中。
スケッチブックを抱えて東京を彷徨う少女アザミは、廃校になった小学校で、ポルノ監督の九条と出逢う。
九条の撮るポルノは、火傷のある女しか出演しない奇怪な作品だった。
25年前のある日から、その身体に「もうひとつの現代」を溶接された九条は、運命の記憶をアザミに語りつつ、荒れ狂うような異常な速度で「もうひとつの現代」を突き進んでゆく――
現代史に潜んだ「妖怪」に挑む、サーカス劇場渾身の最新作。
スタッフ 脚本・演出=清末浩平/美術=岩田大輔/美術=泉真沙子/音楽=深山覚/音響操作=小島邦彦(POO RECORDS)/演出助手=柳瀬絹子/宣伝美術=佐々木充文/制作=森澤友一朗
キャスト 森澤友一朗/中村理恵/石井良治/伊藤敬市/河野圭香/菅原春瑠佳/真柴優司/そのだりん(劇団世界劇場)
お問い合わせ 劇団サーカス劇場
080-3121-4743
circus_theatre@yahoo.co.jp
劇団サーカス劇場公式WEB

チケット発売日

2007年2月1日(木)

入場料金

一般前売2,500円/一般当日2,700円/ペア4,000円/学生前売2,000円/学生当日2,200円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団サーカス劇場 080-3121-4743

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年3月22日(木) 〜 3月26日(月)

上演時間 約2時間

2007年3月

18 19 20 21 22
  • 19:00◎
  •  
  •  
23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 13:00☆
  • 18:00
  •  
27 28 29 30 31
◎:終演後、初日乾杯実施!お酒片手に、演出や役者にご意見ご質問をぶつけてみては?どうぞ、お気軽にご参加下さい。
☆:昼ギャザ実施!この回の来場者数10名につき100円を割引。たとえば53名ご来場の場合、終演後に500円をキャッシュバックいたします。底値は1000円!平日昼間にお時間のある方は、お誘い合わせの上、お得なこの回をご利用下さい。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5603

トラックバック一覧