アロッタファジャイナ『1999.9年の夏休み』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

アロッタファジャイナ

アロッタファジャイナ第8回公演

『1999.9年の夏休み』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年4月6日(金)〜4月10日(火)
会場 吉祥寺シアター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号
PR・解説 「幻想的な美しき映像」
「少年同士のひと夏の恋」
「少年たちを美少女が演じるという耽美的な演出」
などにより現在もファンを増やし続けている
映画「1999年の夏休み」

今回、アロッタではこの名作映画を
「世紀末を越してもなお終末色を強める現代の神話」
として改定し舞台化することにしました。

そして今回1999年の夏休みの湖畔で永遠に生きる少年たちを演じるのは、全日本国民的美少女コンテストでグランプリをとるなどしている日本有数の美少女たち。
脚本演出はアロッタ主宰であり
映画「神の左手悪魔の右手」脚本の
松枝佳紀。
さらになんと
映画「1999年の夏休み」の監督であり、
大ヒット映画「デスノート」(前・後編)の監督でもある
金子修介氏
をスーパーバイザーとしてお迎えします。
ストーリー 1999年の夏休み。
帰省する少年たちに取り残されて
美しき湖畔の「学院」に残ったのは
カズヒコ、ナオト、ノリオの3人の少年。
平穏で穏やかな夏休み。
その静寂を破って登場した少年の名はカオル。
カオルを愛してしまったカズヒコ。
カオルに嫉妬するナオト。
対立する少年たちに心を痛めるノリオ。
みんなを翻弄し楽しんでいるカオル。
その4人の前に新たな少年が現れる。
少年の名はタクヤ。
意識を失い倒れていたタクヤの手に握られていたメモには
「本当のことに気付いてしまえば世界は終わる」
という謎のメッセージが書かれていた。
スタッフ 作・演出=松枝佳紀/スーパーバイザー=金子修介(映画「1999年の夏休み」監督、映画「デスノート前編・後編」監督)
キャスト 須藤温子(第7回全日本国民的美少女コンテスト・グランプリ)/橋本愛実(第7回全日本国民的美少女コンテスト・演技部門賞)/阪田瑞穂(第8回全日本国民的美少女コンテスト・グランプリ)/本田有花(第9回全日本国民的美少女コンテスト・音楽部門賞)/安川結花/青木ナナ/井川千尋/中村祐樹/ナカヤマミチコ/新津勇樹/蒻崎今日子/野木太郎/三松明人/未來
お問い合わせ アロッタファジャイナ
03-3331-6855
alotf@enmel.com

チケット発売日

2007年3月6日(火)

入場料金

前売4,000円/当日4,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

アロッタファジャイナSHOP 03-3331-6855
特典付(オリジナルポストカード、オリジナルチケット)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-391
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2007年4月6日(金) 〜 4月10日(火)

2007年4月

1 2 3 4 5 6
  • 19:00
  •  
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00
  • 19:00
  •  
10
  • 14:00
  •  
  •  
11 12 13 14

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5629

トラックバック一覧