日本器楽劇団(LAT)『器楽劇 ロミオとジュリエット』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日本器楽劇団(LAT)

LAT第3回公演

『器楽劇 ロミオとジュリエット』〜音楽とともに駆け抜ける 若きロミオとジュリエットの恋〜

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「ロミオとジュリエットが出会う舞踏会」同時開催!
2/21(水)21:00〜 下北沢・アレイホール
(関係者パーティー、一般入場可)

公演データ

公演期間 2007年2月21日(水)
会場 北沢タウンホール
〒155-8666 東京都世田谷区北沢2-8-18
PR・解説 クラシック音楽による新しい衝撃、
未体験の感動!

器楽劇とは??
器楽奏者が演奏と演技でドラマをすすめる舞台芸術です。

器楽劇「ロミオとジュリエット」では、ヴァイオリニストとフルーティストが若き二人の思いを演奏にのせて客席に訴えかけます。
ストーリー ヴェローナの町の名門モンタギュー家とキャプレット家は激しく対立していた。ある舞踏会の夜、ロミオ・モンタギューとジュリエット・キャプレットが恋におちてしまう。二人が結ばれることは決して許されないはずだが、両家の和解を願うローレンス神父の協力により、秘密の結婚式がとり行われる。
そんな中、ロミオがキャプレット家のティボルトを決闘で刺し殺してしまい、追放処分を受けてヴェローナの町を去る。ローレンス神父は特別な眠り薬でジュリエットが仮死状態になることで周囲には死んだと思わせ、ジュリエットをロミオがいる遠いマンチュアの町へ脱出させる危険な計画を打ち出した。心から愛し合う二人の運命に世界中の人々が涙を流したシェイクスピア感動の名作を器楽劇化。
スタッフ 音楽監督/演出=櫻木禪/美術/宣伝美術=松村あや/照明=加瀬隆純(カセプランニングオフィス)/音響=小宮聖子(OFFICE my on)/字幕操作=大石真裕/舞台監督=中島基治
キャスト 相原千興(ロミオ;ヴァイオリン)/古田土明歌(ジュリエット;フルート)/今木智彦(ローレンス神父;ファゴット)/小川枝里子(ピアノ)
お問い合わせ 表参道音楽事務所(株)
03-5786-0460
lat@omotesando-music.co.jp
日本器楽劇団(LAT)

チケット発売日

2006年12月20日(水)

入場料金

当日券3,000円/前売券2,500円(全席自由・税込)

2/20プレビュー公演は、当日および前売共に2,500円

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:247-694
受付時間 10:00〜18:00

公演日程

2007年2月20日(火) 〜 2月21日(水)

上演時間 約1時間(休憩なし)

2007年2月

18 19 20
  • 19:30
  •  
  •  
21
  • 14:00
  • 19:30
  •  
22 23 24

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5637

トラックバック一覧