演劇ユニット金の蜥蜴『うなさかのうた―海境之謡―』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇ユニット金の蜥蜴

演劇ユニット金の蜥蜴 第三回公演

『うなさかのうた―海境之謡―』この海の唄が、貴方に聞こえますか――

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年3月1日(木)〜3月4日(日)
会場 ブディストホール
〒104-0045 東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内
PR・解説  能楽と現代芝居の融合を追求する金の蜥蜴が、母と子の情愛を描いた能「海士(海人)」とアンデルセンの名作童話「人魚姫」を題材に、殺陣と笑いと涙をふんだんに散りばめてお送りする、新感覚伝奇時代劇第三弾!
ストーリー 「海境〜うなさか」―― そこは海にあるという、神と人とが住む境。

 今は昔、時の大臣・藤原房前は、幼少の頃に亡くした母の面影を求め、讃岐の国、志度へと赴く。 その道すがら、耳にした妙な噂。
「志度の浦には恐ろしい竜女が現れて人を海に引きずり込む―― 」

 一抹の不安を胸にしつつも、その浦へ辿り着いた房前。
その耳に、どこからともなく美しい歌声が流れ込む。
なつかしく暖かいその歌声に導かれ、憑り依かれたように、人気の無い入り江へ歩みを進める房前を待っていたものは!?

 竜王の呪い、奪われた宝珠、真に大切なものとは何か。
海境に、嵐が訪れる――
スタッフ 脚本・演出=山口喬司/舞台監督=高居長広/照明=萩原賢一郎(ライトスタッフ)/音響=TAISHI/美術=山下昇平/制作=宮本美穂子/制作=山岸茂樹/WEB/DTP=伊達明宏
キャスト 暮川彰(金の蜥蜴)/山井綱雄(金春流シテ方)/野々宮瑞穂/益田喜晴/早川友里恵/若木萌/畠山侑子/脇田滋行/染矢喜弘(コント・アルバロ)/姫野好和/山口喬司 ほか
お問い合わせ 演劇ユニット金の蜥蜴
080-5535-3605
info@tokage.jp
演劇ユニット金の蜥蜴

チケット発売日

2006年12月9日(土)

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

演劇ユニット金の蜥蜴 080-5535-3605
FAX受付 050-446-3410(受付専用回線)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:373-885

公演日程

2007年3月1日(木) 〜 3月4日(日)

2007年3月

        1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 13:30
  • 17:00
  • 20:00
3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 13:30
  • 17:00
  •  
5 6 7 8 9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5680

トラックバック一覧