劇団ダミアン『憂鬱機械』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ダミアン

劇団ダミアン2007本公演

『憂鬱機械』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年4月5日(木)〜4月8日(日)
会場 中野 光座
東京都中野区中央4-61-4
PR・解説 前回に引き続き、現実の廃映画館で公演するため、劇中の舞台美術だけにとどまらず劇場そのものを劇空間として、そこの蠢く男女の姿を濃密に描き出します。
ストーリー 大正時代の日本か?はたまた植民地時代の上海か?
いつかどこかで見たような、和洋混在、聖俗混合の娼婦街
その街で発見される一つの死体・・・その容貌は、街で評判の娼婦「朝霧太夫」とまるで同じだった。時を同じくして、街から姿を消した人形師「万世」
やがて、街には奇怪な噂が広がり始める

「朝霧太夫」は機械仕掛けだ!

限りなく人に近い人形を作る・・・最愛の人を失った人形師は何を目指すのか・・・・擬似生命体、人間と人形の違いは何?
作られた人形にも心はあるのだろうか?あるとすれば、自分が生きていると感じるのだろうか?
いつしか・・・・機械も憂鬱になるに違いない

血沸き肉踊るかわりにオイルとゼンマイが飛び散る脳内冒険活劇!!
スタッフ 脚本・演出=奥田賢太/美術=吉野章弘/装置=松浦真平/照明=橋本剛(Colore)/音響=半田充(M.M.S)/映像=浦島啓(PURE DUST)/舞台監督=野口研一郎/宣伝美術=小林奈月/制作=魚井里郁 ほか
キャスト 伊藤新/村上かおり/沼尾かずみ/林栄次(椿組)/尾上CHeRRy覚ノ新(銀鯱マスカラス)/秋本泰英(劇団亀山社中)/赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)/本居蓮(PORT+PORTAIL)/Kim Miya(PORT+PORTAIL)/湯田昌次
お問い合わせ オフィスダミアン
090-2674-4576
damian@titan.ocn.ne.jp
オフィスダミアン公式WEBサイト

チケット発売日

2007年2月24日(土)

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

オフィスダミアン 090-2674-6576

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-263

公演日程

2007年4月5日(木) 〜 4月8日(日)

2007年4月

1 2 3 4 5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9 10 11 12 13 14

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5682

トラックバック一覧