バジリコFバジオ『グレイトフル・デッド』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

バジリコFバジオ

『グレイトフル・デッド』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年5月18日(金)〜5月21日(月)
会場 しもきた空間リバティ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル4F
PR・解説 不可解な連続殺人と禍々しき伝説
謎と恐怖と屁理屈と不条理に満ちた昭和ゴシック・アンチ・ミステリ!
ストーリー 売れない推理小説家・土倉眩男に猫舌家の遺産相続の話が舞い込んだ。婚約者・百鬼園鵺子とともに生まれ故郷・猫舌村へと舞い戻るが、それが猫舌家の悲劇の始まりであった。第一の犠牲者は、 現当主・猫舌虎弥。本来、単なる病死で片付けられたかもしれない。しかしこれは殺人事件なのだ、鵺子の推理によれば。
駆落ち同然で家を飛び出すまで、あらゆる推理小説を読破していたという推理マニヤである鵺子。彼女は事件が起こる事を前から妄想、いや推理していたのである。鵺子曰く、
「呪われた伝説とドロドロとした遺産を廻る人間関係……。こんな最高な条件下で殺人事件が起こらない方が不思議じゃない?」
彼女の空想、いや推理通り、猫舌一族の死人の山が築かれていく。どれも彼女の屁理屈、いや推理によって殺人事件へと変貌していくのだった。そしてその第一容疑者は何故か眩男になってしまう。
彼は無実の罪で投獄されてしまうのか? そんな彼の前にどこから来たのか、あの金田一が登場する。果たして金田一は真犯人を暴けるのか!? そもそも犯人なんかいるのか!? 勝つのは金田一の推理か鵺子の妄想か!? 演劇史上稀に見る反推理劇がここに始まる!!
スタッフ 作・演出=佐々木充郭/舞台監督=中西隆雄/舞台美術=稲田美智子/照明=今西恵理(LEPUS)/音響=筧良太(SoundCube)/宣伝美術=木下実香
キャスト 木下実香/武田諭/樋山剛一/田中あつこ/三枝貴志/百地香織/上野雅史(!OJOi)/古市海見子(メタリック農家)/中込恭史/玉川晋吾/渡辺哲/ゲスト出演:亀岡孝洋(カムカムミニキーナ)
お問い合わせ 田辺
080-6539-1493
バジリコFバジオ
バジリコFバジオ
info@bajirico.com

チケット発売日

2007年4月1日(日)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

バジリコFバジオ

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年5月18日(金) 〜 5月21日(月)

上演時間 1時間40分を予定

2007年5月

13 14 15 16 17 18
  •  
  •  
  • 19:30○
19
  • 14:00○
  • 19:00○
  •  
20
  • 14:00○
  • 19:00○
  •  
21
  •  
  • 19:00○
  •  
22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=5970

トラックバック一覧