劇団バッコスの祭『アンネに恋をした男』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団バッコスの祭

第5回公演

『アンネに恋をした男』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

この公演に、最大で5組10名様をご招待いたします。
ご希望の方は、件名を「シアターガイド・チケプレ応募」として、
お名前・フリガナ・ご来場いただける回(チケットはお取り置きとなります)を明記の上、
3月14日(月)までにinfo@dionysia.dip.jp(劇団事務所)へメールでご応募下さい。

公演データ

公演期間 2005年3月19日(土)〜3月21日(月・祝)
会場 現代座会館
〒184-0003 東京都小金井市緑町5-13-24
PR・解説 バッコスの祭は、「大衆化と高級化の並行」をモットーとする劇団です。
ストーリー 第二次世界大戦中……ユダヤ人の少女アンネ=フランクは、ナチスの迫害を逃れ、隠れ家に身を潜めて暮らしていた。2年以上に及ぶ潜行生活の後、何者かの通報により秘密は暴かれ、アンネたちは強制収容所へと連行される。連合軍の解放を目前にしてアンネは飢餓と病魔のために息絶えるが、彼女の遺した日記は戦後、収容所からただ一人生還した父の手によって出版され、世界的ベストセラーとなった。

ここに、偶然『アンネの日記』を手にした一人の男がいる。逼迫した状況においてなお、瑞々しく輝く言葉の数々……日記の魅力に取り憑かれたその男は、夜ごとアンネの夢を見ていた。深い暗闇の底で彼の魂は、アンネの友人となり、家族となって一時の逢瀬に溺れる。しかし、それはいつしか、ただの「夢」ではなくなっていた……。

「もしかしたら、救えるかも知れない」
スタッフ 作・演出=森山智仁
お問い合わせ おおさと
080-5443-3836
劇団バッコスの祭
劇団事務所
info@dionysia.dip.jp

チケット発売日

2005年2月1日(火)

入場料金

前売1,000円/当日1,200円/地元割引・一般500円/地元割引・高校生以下100円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団バッコスの祭 080-5443-3836

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年3月19日(土) 〜 3月21日(月・祝)

上演時間 約1時間30分

2005年3月

13 14 15 16 17 18 19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 14:00
  • 18:00
  •  
22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=600

トラックバック一覧