Taro BOVE Dance Performance『Continuous Variations vol.1 Gamelan』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Taro BOVE Dance Performance

Taro BOVE Dance Series

『Continuous Variations vol.1 Gamelan』〜コンテンポラリーダンスとガムラン音楽の共演〜音・像の濃まやかな「ぶれ」が紡ぎだす感覚のあわい

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年4月14日(木)〜4月15日(金)
会場 めぐろパーシモンホール 小ホール
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1 めぐろ区民キャンパス内
PR・解説 精密に計算された高度な即興性・・・
指揮者をもたず、演奏家同士が互いに呼応し合いながら、
反復とずれによる濃密な響きを紡ぎだしていくガムラン音楽、
自身を含む空間の「ぶれ」にたゆたい、身体で呼応する舞踊家・・・
感覚の襞に触れあった両者の、一瞬の間(あわい)がここに展開する。
ストーリー ボヴェ太郎 ダンスシリーズ コンティニュアス・ヴァリエーションズ

2005年4月より展開してゆく、音楽家とのアンサンブル・シリーズ企画。
これまで一貫して、空間や音と身体の関わりを探ってきたボヴェ太郎。
「ダンスの持つ音楽性←→音楽の持つ舞踊性」をテーマに、様々なジャンルの音楽家を招いて、ダンスソロとのアンサンブルを行う。
身体と音とが、たがいに交差し、含みあい、浸食しあいながら空間に現出するムーブメントを、その「生まれ出る瞬間」においてとらえてゆく試み。
初回は めぐろパーシモンホール(小ホール) において、ダンスと音楽の、ゆらぎに満ちた繊細な関係性を追求した「コンサート形式」の上演を行う。
スタッフ 空間構成・照明コンセプト=ボヴェ太郎/照明デザイン・美術協力=深瀬元喜/舞台監督=青木拓也/制作=吉田奈都子/制作=米原晶子/協力=古舘健/写真=飯田研紀/宣伝美術=池田雅恵/企画製作・主催=Taro BOVE Dance Performance
キャスト ボヴェ太郎/ランバンサリ
お問い合わせ Taro BOVE Dance Performance事務局
03-3724-5032
office@tarobove.com
公式website
その他
お問い合わせ
http://tarobove.com

入場料金

一般・前売2,500円/一般・当日2,800円/学生2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Taro BOVE Dance Performance事務局

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:358-654

公演日程

2005年4月14日(木) 〜 4月15日(金)

2005年4月

10 11 12 13 14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 19:30
  •  
  •  
16

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=621

トラックバック一覧