燐光群『『放埒の人』はなぜ『花嫁の指輪』に改題されたか あるいはなぜ私は引っ越しのさい沢野ひとしの本を見失ったか』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群

『『放埒の人』はなぜ『花嫁の指輪』に改題されたか あるいはなぜ私は引っ越しのさい沢野ひとしの本を見失ったか』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年7月5日(木)〜7月8日(日)
会場 七ツ寺共同スタジオ
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2-27-20
PR・解説  短編集「放埒の人」(文庫収録のさい「花嫁の指輪」に改題)をはじめとする沢野ひとし氏の作品をもとに、坂手洋二が書き下ろす新作です。沢野氏は、イラストレーターとして椎名誠氏の著書をはじめとして数多くの挿絵を手がける他、作家としても独自の文体を確立しており、多くの著作があります。
 坂手は、沢野氏の作品を夏目漱石になぞらえて「日本のバブル期を生きた<高等労働遊民>」と評しており、この作品は「沢野ワールド」をどのように舞台化するかと同時に、1980年代以降の都市を浮遊する日本の生活者たちの姿を描く、都市論・現代論の側面をも持つことになります。
 沢野作品の持つエンタテイメント性と、新たな演劇に向かう実験精神が、どのように融合されるか、ご注目下さい。
スタッフ 原作=沢野ひとし/作・演出=坂手洋二/美術・衣裳=伊藤雅子/照明=竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)/音響=じょん万次郎 内海常葉/舞台監督=高橋淳一/演出助手=清水弥生 坂田恵/音響協力=島猛(ステージオフィス)/宣伝意匠=高崎勝也/制作=古元道広 近藤順子 小池陽子
キャスト 中山マリ/鴨川てんし/川中健次郎/猪熊恒和/大西孝洋/江口敦子/樋尾麻衣子/内海常葉/宮島千栄/久保島隆/杉山英之/小金井篤/桐畑理佳/秋葉ヨリエ/阿諏訪麻子/安仁屋美峰/高地寛/伊勢谷能宣/嚴樫佑介
お問い合わせ 七ツ寺演劇情報センター
052-221-1318
燐光群
燐光群
03-3426-6294
rinkogun@alles.or.jp

チケット発売日

2007年5月13日(日)

入場料金

前売3,300円/当日3,600円/ペア(予約・前売のみ)6,000円/大学・専門学校生2,500円/高校生以下2,000円(税込)

※日時指定自由席(整理番号付き)
開場時(開演の20分前)に整理番号順にお入り頂きます。
学生券は劇場扱いのみ。受付にて要学生証提示。

チケット発売窓口

燐光群 03-3426-6294

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:376-795
七ツ寺演劇情報センター 052-221-1318
名演鑑賞会 052-932-3739
土日定休

公演日程

2007年7月5日(木) 〜 7月8日(日)

上演時間 約2時間25分

2007年7月

1 2 3 4 5
  •  
  •  
  • 19:00★
6
  •  
  •  
  • 19:00
7
  • 14:00
  •  
  • 19:00
8
  • 14:00
  • 18:00★
  •  
9 10 11 12 13 14
★の部は、終演後に下記のゲストと坂手洋二によるトークあり。
前売券をお持ちの方、ご予約の方はご覧頂けます。
5日(木)佃典彦氏(劇作家・俳優 B級遊撃隊主宰)
8日(日)はせひろいち氏(劇作家・演出家 劇団ジャブジャブサーキット代表)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6255

トラックバック一覧