劇団文化座『眼のある風景』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団文化座

劇団文化座公演126 劇団創立65周年記念 靉光生誕100年 平成19年度芸術創造活動重点支援事業

『眼のある風景』〜夢しぐれ東長崎バイフー寮〜

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年6月21日(木)〜7月1日(日)
会場 俳優座劇場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説  靉光という画家をご存知でしょうか?
〈あいみつ〉とも〈あいこう〉とも呼ばれますが、本名は石村日郎。
 昭和の初期、〈池袋モンパルナス〉と謳われた池袋界隈において靉光は生活していました。

 様々な芸術家たちが寄り集い、活況を呈した池袋モンパルナスの住人たちが、時代が戦時体制へと染め上げられていくなか、芸術家として、また人間として苦悩を抱えながら、それでも芸術への情熱を燃やし続けていく。
 そんな彼らの思いは、戦中戦後の演劇人たちの思い、つまりは文化座の創立期のメンバーたちの思い、そして現在の私たちに繋がっているはずです。  
 
 「無言館」「信濃デッサン館」館主で作家の窪島誠一郎氏の、芸術家の情熱やエゴを厳しく問うた原作戯曲を、今回文学座の西川信廣氏に初めて演出をしていただき、新鮮なキャスティングで、これまた魅力的なスタッフとともに、創立65周年を飾るこの珠玉の作品に、ぶつかっていきます。
 一見明るく楽しく、その実とても深みのあるこの作品を、存分に味わってくださいませ。
 皆さまのお越しを劇団一同お待ちしております。
ストーリー 1970年、国立の近代美術館において、ある男が鉄パイプを振るい、展示された絵画を破損させる事件が起こる。日本が誇る画家たちによるそれら作品群の中に、靉光のものも含まれていた――
スタッフ 原作=窪島誠一郎/脚本=杉浦久幸/演出=西川信廣(文学座)/美術=朝倉 摂/照明=桜井真澄/音楽=川崎絵都夫/音響=齋藤美佐男/衣裳=中村洋一/舞台監督=森正夫/宣伝美術=司 修 ほか
キャスト 佐々木愛/伊藤 勉/阿部 勉/津田二朗/鳴海宏明/佐藤哲也/米山 実/沖永正志/白幡大介/前田海帆/後藤 晋/中村公平/高橋美沙/長束直子 ほか
お問い合わせ 劇団文化座
03-3828-2216
info@bunkaza.com
劇団文化座ホームページ

チケット発売日

2007年4月23日(月)

入場料金

一般5,500円/Uシート3,850円/高校生以下2,750円/ハーフプライスデー2,750円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団文化座 03-3828-2216

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:376-616

公演日程

2007年6月21日(木) 〜 7月1日(日)

上演時間 約2時間10分・休憩なし(予定)

2007年6月

17 18 19 20 21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  • 19:00☆
  •  
29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  

2007年7月

1
  • 14:00
  •  
  •  
2 3 4 5 6 7
☆6/28(木)19:00の回のみハーフ・プライス=2,750円均一

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6338

トラックバック一覧