あひるなんちゃら『毒と音楽』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

あひるなんちゃら

王子小劇場賛助公演

『毒と音楽』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2007年6月20日(水)〜6月25日(月)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 ◆あひるなんちゃらとは?
“笑いあり涙なし”
ユルいヌルいと評される、微妙にズレていく会話の行き着く先には結局何もなかったりする滑稽なダラダラ駄弁芝居を作風として上演。エネルギッシュではないボケとツッコミを得意としたそのスタイルは、今までの演劇のジャンルでは表現し難い存在として、一般のお客様はもちろん、演劇界からも高い評価を得て、多くのフリークを増やしつつあります。

◆今公演は演劇界でも話題になった、王子小劇場でのGW完全無料公演後、初の本公演となります。多彩な客演陣を迎えて贈る、あひるなんちゃらの独特な世界観を是非ご堪能くださいませ。
ストーリー 「唄が下手?それがなんだ。ロックっていうのはそういうもんじゃねえだろ。」(vocal:キリコ)
「魂さえこもってれば、それでいいんだよ。ぶっ殺すぞ、この野郎。」(piano:ユメコ)
「ごめんなさい、ごめんなさい。」(castanet:ペリーヌ)

俺ができる楽器はカスタネットだけ。もちろん小学生レベルの腕前で、そのカスタネットさえ持ってない。キリコは本当は唄が下手なことを気にしている。ユメコはピアノを担当するだけあって、調律の狂ったピアノのような女だが、自分の弾いてるピアノの調律が狂っていることには気付かない。

というような気付かない人と気付いちゃった人がどうこうみたいな内容がみえたりみえなかったりするダラダラ駄弁芝居。70分。
スタッフ 脚本・演出=関村俊介/制作=中川加奈子 ほか
キャスト 黒岩三佳/根津茂尚/金沢涼恵(クロムモリブデン)/大室光来(ボーダビッチ)/増戸 香織/田部寛之/江崎穣(ハリケーンディスコ)/星野友紀/畠山綾野
お問い合わせ あひるなんちゃら
03-5945-3533
info@ahirunanchara.com
あひるなんちゃら

チケット発売日

2007年5月12日(土)

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

※グループ割引…4名以上同ステージ来場でお1人様1500円。(要予約)

チケット発売窓口

あひるなんちゃら 03-5945-3533
http://www.ahirunanchara.com/

チケット販売サイトへ

公演日程

2007年6月20日(水) 〜 6月25日(月)

上演時間 70分

2007年6月

17 18 19 20
  • 20:00
  •  
  •  
21
  • 20:00
  •  
  •  
22
  • 15:00
  • 20:00
  •  
23
  • 15:00
  • 19:00
  •  
24
  • 15:00
  • 19:00
  •  
25
  • 15:00
  • 20:00
  •  
26 27 28 29 30

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6347

トラックバック一覧