劇団キンダースペース『競馬 勧善懲悪』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団キンダースペース

劇団キンダースペース レパートリーシアターVol.20

『競馬 勧善懲悪』短編演劇アンソロジー参 織田作之助篇

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

昭和の無頼派 オダサクの世界を 舞台に。

公演データ

公演期間 2007年7月20日(金)〜7月22日(日)
会場 北とぴあ
〒114-8503 東京都北区王子1-11-1
PR・解説 近代小説の掘り起こしは、現代日本人としての我々自身の在り方について深く感じさせます。近代から戦前、戦中に生きた作家の文学を底本にすることで、批評性、客観性を持って描くことが『短編演劇アンソロジー』の今日的な役割であると考えます。
織田作之助は、「夫婦善哉」で知られているために浪速の人情話の作家という見方をされがちですが、坂口安吾と並び、人間をその生きて行くエネルギーと奥に抱えた虚無、双方を共に見つめていた作家であり、その中から日本人というものを描くことの出来た稀有の作家です。舞台化は、大衆演劇・商業演劇的なアプローチからはずいぶんされていますが、小劇場でこのように捉えるのは、あまり例を見ないものです。
ストーリー 「競馬」
小心で実直だが風采の上がらぬ中学校教師寺田が競馬場に通いつめるようになったのは、女房の一代を乳がんで失ってからだった。一代はナンバーワンの女給で、生涯に一度だけと訪れたバーで、寺田の一目ぼれであった。一代の痛み止めのためのヒロポンを自らも覚え、一代を失ってからは思い出の場所である競馬場を渡り歩き、亡き女を偲ぶように一番の馬券を一点張りで買い続ける寺田。ある日その寺田の前に、同じように一番の馬を一点張りで飼い続ける男が現れる。

「勧善懲悪」
小説は、共に怪しげな製薬会社を立ち上げ、詐欺まがいのフランチャイズシステムを駆使してのし上がった丹造を前にして、かつてのパートナーで、今は追い出された古座谷が、ざまを見ろと罵っていいつのる言葉の中にお互いの半生を回想する形で進行する。
実は根の弱い丹造が奔放に事業を進めることが、古座谷の愛憎入り混じった思いで語られ、またその中に、現代の社会の欺瞞性や矛盾も皮肉に暴かれていく。
スタッフ 構成・脚本・演出=原田一樹(劇団キンダースペース)/構成・脚本=坂上朋彦(劇団キンダースペース)/美術=石原敬/照明=森田三郎/音響=浦崎貴(ワンダースリー)/舞台監督=戸田司(ザ・サムシングエルス) ほか
キャスト 井上倫宏(演劇集団 円)/花ヶ前浩一/白州本樹/蓬莱照子/牧口元美(ギルドB)/瀬田ひろ美(劇団キンダースペース)/平野雄一郎(劇団キンダースペース)/小林元香(劇団キンダースペース)/仲上満(劇団キンダースペース)/畝本奈美(劇団キンダースペース)/三枝竜(劇団キンダースペース)/大桑茜(劇団キンダースペース)
お問い合わせ 劇団キンダースペース
048-252-0551
yoyaku@kinder-space.com
劇団キンダースペース公式サイト

チケット発売日

2007年5月8日(火)

入場料金

前売券3,000円/ペア券5,500円/養成所割引券2,500円/学生割引券1,500円/当日券3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団キンダースペース 048-252-0551

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:375-656
北とぴあ1Fチケット売り場 10:00〜19:00

公演日程

2007年7月20日(金) 〜 7月22日(日)

2007年7月

15 16 17 18 19 20
  • 19:00
  •  
  •  
21
  • 14:00
  • 19:00
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

癌で失くした妻「一代」の名の、一番の馬にひたすら賭け続ける男。
詐欺まがいの商法を廻って荒縄のように絡み合う男二人。
棒に振るべき人生と、生命への執着。
ヒロポンを打ち続け創作に没頭した小説家の生み出した、
これもまた、我々日本人の物語である。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=6367

トラックバック一覧