tpt『A Number』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

tpt

ペニサン・ピット20周年

『A Number』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年4月30日(土)〜5月13日(金)
会場 ベニサン・ピット
〒135-0007 東京都江東区新大橋2-17-12
PR・解説 ア・ナンバーは今世紀最初の本物の芝居だ
ーA Numberは、『クラウド・ナイン』『トップ・ガールズ』などで知られるイギリスの劇作家、キャリル・チャーチルの最新作。
最新の科学技術を題材に人間の存在の根源に迫った衝撃作です。初演は2002年9月、ロンドンのロイヤル・コート・シアター。昨年12月からオフ・ブロードウェイでも上演され、大ヒット。サム・シェパードが父親を演じ、話題となりました。
tpt50作目となるA Number日本初演を手掛けるのは、演出のサーシャ・ウェアーズを中心とした女性のクリエイティブ・チーム。出演は、父親に第12回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞した文学座の小林勝也、息子(のクローンたち)に圧倒的個性で異彩を放つ手塚とおる。
世界演劇界をリードする女性劇作家の最新作に、2人(4人?)の男性キャストとオール女性スタッフのコラボレーションで挑戦します。
ストーリー 個性……この不可解なものの起源はどこに?
ー初老の男ソルターのもとを息子バーナードが訪れる。
バーナードとまったく同じ姿形をした男が“数”いるらしい。
30年前、交通事故で妻と息子を失ったソルターだったが……
ヒト、クローン技術をテーマに、人間のアイデンティティの本質にせまる、1時間の未来予測実験。
スタッフ 作=キャリル・チャーチル/演出=サーシャ・ウェアーズ/訳=常田景子/美術=礒沼陽子/照明=西川園代/音響=長野朋美/舞台監督=平石尚子
キャスト 小林勝也/手塚とおる
お問い合わせ tpt
03-3635-6355
webmaster@tpt.co.jp
tpt

チケット発売日

2005年3月26日(土)

入場料金

一般6,300円/学生3,150円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

tpt 03-3635-6355
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:35648
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年4月30日(土) 〜 5月13日(金)

2005年4月

24 25 26 27 28 29 30
  •  
  •  
  • 19:00

2005年5月

1
  •  
  • 15:00
  •  
2
  •  
  • 15:00
  •  
3
  •  
  • 15:00
  •  
4
  •  
  • 15:00
  •  
5
  •  
  • 15:00
  •  
6 7
  •  
  • 15:00
  • 19:00
8
  •  
  • 15:00
  •  
9
  •  
  •  
  • 19:00
10
  •  
  •  
  • 19:00
11
  •  
  •  
  • 19:00
12
  •  
  • 15:00
  • 19:00
13
  •  
  •  
  • 19:00
14
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=646

トラックバック一覧